忍者ブログ

≪ 新しい記事古い記事 ≫

Syntheサービス終了

Synthe -シンセ-
この度、2010年2月26日(金)23:59をもちまして、「ソーシャルゲーム Synthe(シンセ)」の全サービスを終了させていただくことと致しました。

うーん…。
β期間に参加して本サービスになってからは起動しなくなった私としては
「やっぱりなぁ…」という印象です。
キャラは可愛いし背景は凝ってるしアバターをいつでも好きなだけいじれるし
出来の良い所、斬新な所は色々あったんですけどね。
過去に何度か書きましたが最後までチャットツールの枠を出る事がなく「アバターを作ってそれを使って何をやるか」の部分が弱いのが残念でした。
(もし作ったアバターを操作してプレイするバトル・釣り・スポーツ等の3Dミニゲームがあったらそれだけでも結構違ったと思います)

セカンドライフを参考にして作ったのかもしれませんが
セカンドライフは土地を買って建物や乗り物やスクリプトを作れる要素など含めて成立しているものであって、Syntheのように自作できるものがアバターだけだったらそこまで話題になっていなかったと思います。
(もしセカンドライフ型を目指すならせめてコレピクのようなインスタンス型の3D部屋が貰えてそこに店から購入したユーザー作成の家具を置ける等のシステムを入れるべきだったと思う。それだけでも厳しいかもしれないけれど…)

立体出力サービスは面白いなーと思うんですが
まだまだ価格とクオリティが見合ってないので利用する人はあまりいなさそうな印象。(一般ユーザーに広く利用されるようになるのはもっと技術が発展してからでしょうね)


同じくアバターを自作・売買できるコミュニティサービスであるパーティーキャッスルの方は「キャラクターの画像を投稿できるSNS」という「やる事」が一応用意されているのでSyntheよりはまだ可能性が見えている感じ。
(それでも他にもっと何かないと厳しそうだなーとは思いますが。私は閲覧数の少なさにやる気がでなくて放置中…。Pixivと違ってmixiみたいに自分から積極的に宣伝、コミュニティ参加をしないと成立しないSNSかも)


これから先Syntheのようなシステムを使って面白い事をやってくれるコミュニティサービスやネットゲームが出てくるのを期待しています。

拍手[0回]

Twitterでつぶやく  Trackback (0) | ▲TOP

PR

≪ 新しい記事古い記事 ≫

Trackback

Trackback URL:

 
ニコッとタウン 現在の部屋

プロフィール

書いてる人
ueda
自己紹介
蕎麦は普通に好き。

ブログ内検索

解析