忍者ブログ

≪ 新しい記事古い記事 ≫

Nicotto Town - ニコッとタウン

公式サイト
まとめWiki

6月頃登録したもののアットゲームズとほぼ内容が同じだなーと思ったっきりログインしてなかったんですが
WebMoney Award 2009で受賞してるのを見て久々にログインしてみました。
正確にはネトゲじゃないですが一応ゲーム要素もあるのでここに書いてみます。

内容は最近増えた「Flash製のアバターと部屋とミニゲームのついたSNS」。
ハンゲームアットゲームズのゲーム部分を薄くしてコミュニティ部分をメインにしたものを想像していただければ大体把握できると思います。特にアットゲームズは作る時参考にしたのか かなり近いものがあります。

作ってる会社はスクウェア・エニックスとニフティ。どちらも大手だけあってしっかりお金かけてそうな感じです。
登録アカウント数は新規ブログのID見る限り37万。
アットゲームズは100万、プーペガールは30万越えなのでプーペの方に近いんですかね。

■SNS
多分このコンテンツがメインなのではないかと思われます。
日記を書けたり掲示板があったりだいたいmixiと同じです。他の人のページを閲覧しにいくと足あとが残るのも同じ。(このへんは個人的に苦手なシステム)
mixiと違うのは画像アップロードできないのと日記をログインしていない人でも読めるように設定できることですね。
部屋はログインしていないと見れないみたいです。

■アバター
とりあえずツリ目を選ぶ
アットゲームズの頭身を一つ高くして顔を変えたようなかんじ。
かわいいけど華やかすぎず、媚びすぎず、大人にも子供にも普通の人にもオタクにも幅広く受けそうな万人受けのデザインという印象。

ちなみにアバターの性別は登録時に設定した自分の性別と同じものになります。なんか昔のROおもいだしますね。
街を歩いているアバターはほとんど女性キャラです。元々女性ユーザーが多いのと男性も昔のROみたいに女性で登録してる率が高いせいかも。

■部屋
座ったり寝たりはできません。歩くだけ
うーん。やりこんでないのであまり参考にならない。

という訳で公式のスクリーンショット。
ファンシーな部屋
こんな感じの部屋が作れるそうです。
全体的に淡い色彩で統一された柔らかいデザイン。個人的に派手なデザインより好みです。

家具配置の操作性は部屋が縮小表示されるのでわかりづらいのが不満だけどそれ以外はなかなか良いです。
ちなみに釣りゲームで釣った魚を部屋に飾れます。(水槽と金魚鉢がそれ)一つの水槽につき一匹だけなのと動かないのが残念。

■街
街全体マップ。そんなに広くはない
仮想世界でもクリスマス
入れるのはリアルタイムの10~24時まで。健康的だけどプライベートタイムが深夜~朝しかない人は困りそうですね。
歩き方とか街の構造とか割とアットゲームズのセルフィタウンそのまんまです。
(アットゲームズ以外に別な元ネタがあるのかもしれませんが)
でも見ての通りデザインセンスは抜群。Flashのベクター描画はのっぺりした安っぽい絵になりがちなんですがそののっぺりさを逆手に取って味にしてるかんじ。
スクエニはセンスのいいデザイナーを選ぶのが上手いと思います。
動作は重め。歩くの遅かったりショップの入り口クリックしてもなかなかはいらなかったり。Flashなので仕方ないかも。

仮想街に共通して見られる欠点として「何もすることがないので人が集まりづらい」というものがありますが
そのへんは1日1回無料でコインを配布するNPCをあちこちに配置したり、街を歩いてる他人をクリックすると相手にコインが入るシステムを入れたり、街経由でしか辿りつけないクイズなどの景品つきミニゲームを設置してなんとかしてる感じ。

ちなみに1つのエリアに最大15人しか入れず、それを越えると別なチャンネルが自動的に作られる割り振られるようです。
現在チャンネル確認、チャンネル移動は不可なのでネトゲと違い友達と街で待ち合わせしたりしづらい。

この手の広告にありがちな下品さがない
街ではリアル店舗の宣伝もしています。街に溶け込んでいて存在の仕方が自然。

ただ街に置いてあるだけじゃあまり人は来てくれないし記憶にも残りづらいというのはちゃんとわかってるのか部屋に置けるアイテムを無料配布してます。
和室向けかも
ぬかりない。

■ゲーム
主に女性をターゲットにしてるせいかあまり種類は多くないし内容もヌルいです。オマケ程度。
プレイヤー同士の対戦もできません(これから実装される気配はありますが)
ゲーム中にうっかりブラウザ閉じそうでこわい

どれも操作性は良いしヘルプも親切でわかりやすいしコインも少しづつ増えるんですが
ゲームというより「時間稼ぎコンテンツ」に近いですね。ネトゲで定番の。
ゲーム性が高いのはクローリアンあたりだと思います。半分ぐらいしかクリアできません。ただステージは10面だけ。

■無料プレイ
ハンゲームは「無料で服が買えない(たまにイベント特典がもらえる時があるだけ)」、アットゲームズは「一応無料コインで買える服もあるけど高すぎて買いづらい」仕様でしたが
こちらは無料でも割と手軽に着せ替えできます。
色選択時の■の色と実際の色に差がありすぎるのが気になる
無料で入手できるコインで買える服は44種。
といっても各アイテムごとに3色ぐらい色バリエーションあるのでそれを含めるともっと多いです。
(これ、自由に染色できたら楽しそうなんですが)
シンプルな服ばかりですがそれなりにコーディネイトできます。

カントリー系が多い気がする
家具は全836種とかなり充実。随分と奮発しててびっくり。
こういう「ちゃんと楽しめる体験版」を与えてくれるのは好印象。(資金に余裕のある大手会社だからできたっていうのもあるんでしょうが)

無料コインは登録後最初に500コイン貰った後毎日簡単に160コイン入手できます。街歩きまわったりすれば200コインぐらい。
コインの増やし方 | ニコッとタウン
服や家具を1~2日で1個買える程度ですね。
ゲームで増やす事もできますが時間がかかりますし、1日で増やせる最大額が決まってます。

■有料プレイ
有料ショップ。1P=1円。
冬っぽく
大体1個130~200円ぐらいでハンゲームより少し安い感じ。
ファッションの方向性がリアルでもありそうな感じでプーペガールに近いです。
その分子供・オタク受けはあまりしなさそう。

そしてこの手のサービスではお約束の課金ガチャ。
早くもネタに走りかけてるような…
ガチャ景品の服も試着できます。これは他のサービスも見習ってほしい。

一般販売アイテムはスタンダードな地味服で有料ガチャは派手なコスプレというのはネトゲからの伝統ですねこれ。
いやコスプレ系にあまり惹かれないおかげで生まれてから一度もガチャに手を出さず済んだんでいいんですけどね。

レア当選率は良くわからないですが叩いてる人はあまり見かけないのでそんなに酷くはないのかも。
有料の家具はないみたいです。そのうち出そうな気はします。



他にもペットとかフリマとか色々ありますがどれもアットゲームズやプーペにある要素なので省略。
そんな「どこかで見たような」要素ばかりで見た目以外特に目新しさはないサービスなんですが
そのどこかで見たサービスを研究して良い所だけ真似して悪い部分はできるだけ回避するよう気をつけているのが好感持てます。
無料でも遊べるアバターSNSってこれとプーペガールぐらいしか知らないかも。

私はネットでの交流は今の状態で十分で、これ以上必要としてないので多分延々と一人で着せ替えや模様変えしてるだけだと思います・
この仕様だと交流しない人はあんまり続かなそう。
もっとゲーム関連が充実してきたらまた違ってくるかも。染色システムも欲しい。

同じ系統のサービスで最近アメーバピグというものができ登録者数150万人とかなり勢いがあるようですが
こっちは絵が好みじゃないし子供が多いと聞いたのでパス。
頭身が低すぎると服部分が小さすぎて着せ替えが楽しくないというのはシンセで学びましたしね…。顔をパーツ単位で作れるのはよさげなんですが。
しかしこれもアットゲームズとニコッとタウンそっくり。つまりこの手のサービスのテンプレートが出来上がってしまったって事なんでしょうか。


それとこの手のサービスはよくセカンドライフと比較して「セカンドライフの反省を踏まえて作られた~」の決まり文句が入った記事が書かれてますが
内容も売りもターゲット層もセカンドライフとは別モノだし、そもそもセカンドライフが生まれる前からこれと似たようなものは存在しているので比較しても意味がないと思います。
(実際このサービスもアットゲームズ等の影響は強いけどセカンドライフの影響は見あたらない)
そういった記事は多分セカンドライフも日本のアバターSNSも実際にプレイしたことのない、またはプレイしても少しだけな人が想像だけで書かれてるのではないかな…と予想。
でも読む方も実際プレイしてない人が多いのでそういう表面的な記事の方が人気あったりするんですよね。割と何にでもいえることですが。

拍手[0回]

Twitterでつぶやく  Trackback (0) | ▲TOP

PR

≪ 新しい記事古い記事 ≫

Trackback

Trackback URL:

 
ニコッとタウン 現在の部屋

プロフィール

書いてる人
ueda
自己紹介
蕎麦は普通に好き。

ブログ内検索

解析