忍者ブログ

≪ 新しい記事古い記事 ≫

Synthe βテストレポート 一日目

Synthe -シンセ-のβテストに参加したのでレポート&レビュー。



一応ネットゲームのブログで記事を書いてはいますが、正確にはこれはネットゲームではありません。(一部ゲーム要素もありますが)
コミュニケーションツールとか3D仮想空間(メタバース)とか、そんな感じのもの。

多分これが初めて真っ当に「和製セカンドライフ」と呼べるものだと思います。
今まで「和製セカンドライフ」と呼ばれてきたものはユーザーの創作する余地の全くない、ただのアバター付き3Dチャットツール(もしくはゲーム部分のないMMORPG)ばかりでしたので。

こちらはちゃんとユーザーの手でコンテンツを製作することができます。

・FBX形式に対応した3Dツールを使ってキャラクターのアバターパーツを作る事ができる(服も体も全て)
・吉里吉里を使ってゲームを作る事ができる。(ネット対戦ゲームも可能)

どちらも将来ユーザー間でリアルマネーで取引できるようになる(ある程度手数料は差し引かれると思いますが)予定らしいです。

セカンドライフと違うのは土地を持ったりアバター以外のパーツを作る事はできない所。
空間もセカンドライフほど広くはないです。(とはいえプレイヤー人口を考えるとそこまで広くする必要性はないんですが)
空を飛ぶ事もできません。3Dツール上ではなくSynthe上で自分でモデリングを変形させるのも無理です。




はじめてログインした直後の状態。
マウスとWASDキー移動が可能。移動スピードが凄く速いので移動によるストレスはあまりない。
ゆっくり歩く時はShiftキーを押しながら移動。
3DMMORPGをした経験のある人ならマニュアル見なくてもすぐに動けそうな感じ。

ウィンドウモードのみ。フルスクリーンモードはなし。
ゲームのウィンドウは端をドラッグする事により自由にサイズを変更する事が可能。これはうれしい。
チャットウィンドウ(このスクリーンショットの左にあるウィンドウ)も位置やサイズを自由に変更可能。表示オフにできないは残念。
アバター変更、ゲームプレイ等は上のメニューにあるボタン押すだけ。

こーいう基本的な所がしっかりしてるのは好感度高いです。

チャットは範囲チャットのみ。全体チャット、個人チャット等はなし。
まだβ版なので多分このあたりはこれから整備されていく事だと思います。



延々と歌いながら踊るNPC。
プレイする前は5頭身と2頭身が同じ画面にいるのが受け付けなかったんですが、実際プレイすると不思議と違和感ない。
自然とMMORPGによく出てくる小人の種族に脳内変換するからかも。



2頭身(ねんどろいどタイプ)のアバターショップ。
βテスト中なせいか全部無料。お金入手する手段がありませんしね。
右に並んでいるアバターパーツの項目をクリックすると数秒間停止しダウンロード状態になり、その後左にプレビューが表示されます。
(この停止時間は使用しているネット回線によって変わると思います)

Syntheのスタッフが作ったものがいくつかあり、他は全てプレイヤー作成のもの。
始まって間もないβテストなので当たり前なんですが、プレイヤー作成アバターはテスト投稿や既存データの簡単な色変えのものが多かったです。

著作権違反アバターで埋め尽くされてそうな予感がしてましたが、思ったほどはなくてほっとしました。(少しはありますが。→二日目で増えてきました)
版権問題云々もありますが、創作と呼ぶぐらいなら安易にアニメや漫画の人気に頼らないでオリジナルで勝負してほしいところ。



こちらは5頭身。
サムネイルが小さくてわかりづらい…。特に顔パーツは実際購入して着せ替えるまでどんな顔なのか判別不能。
せめて左に表示されるプレビューだけでも拡大できるようにしてほしいです。
拡大・縮小はホイールスクロールできるようです。
でもわかりづらいしホイールのないマウスの事を考えると拡大・縮小アイコンもあったほうがいい気がする。


登録情報の性別と関係なく誰でも男と女両方のアバターが使えます。
5頭身男、5頭身女、2頭身男、2頭身女の4つのアバタータイプはいつでもメニューから変更可能で、ショップに入ると自動的にそのタイプで着れるものだけ表示されます。
このへんもネットゲームとはまた違うところ。



アバター着せ替え画面。
直感的にわかりやすくて操作性も良い感じ。

着せ替えパーツ分けは「髪」「顔」「胴体」「右腕」「左腕」「腰」「脚」「靴」「しっぽ」

腕パーツが左右それぞれ分かれてるのにびっくり。ここは分けなくてもいい気がするけれど…足は左右に分かれてないですし。
色変更不可なのは残念。
購入したアバターパーツを削除する事はできません。これは多分これから対応されると思いますが。



こちらは2頭身の着せ替え。パーツ分けは5頭身と同じ。



モーション設定画面。
f1~f12のファンクションキーに設定できます。初期状態は空白。
既存のモーションと表情を組み合わせるだけなんですが、かわいい動作が多くて結構楽しい。



ゲーム。
メニューのボタンを押せばいつでもどこでもプレイできます。
私が見た時は6~7件(その内Syntheスタッフ作成のものは1件)登録されてました。

ゲームは予想通り別ウィンドウで吉里吉里製ゲームが起動するだけ。
ネット通信で対戦ゲームもできるらしいんですがつながる人とつながらない人がいた模様。

Syntheの自分のプロフに記録が残るという以外あんまり「Synthe上でゲームをやる」意義がよくわかりませんし、
ゲームをプレイしてる間ずっとSynthe上ではキャラが停止してしまうんでアバターの存在意義を見失ってしまいそうで寂しいような…。

結局一度もプレイしませんでした。
Syntheの3Dアバターを使ってゲームをやるのならもう少し意義を見出せそうなんですが…。



他のプレイヤーの表示は半分以上影で表示されてしまいます。



こうやって影状態の人を一人一人右クリックして「アバターデータダウンロード」を選択して表示させるしかありません。
ここはセカンドライフみたいにある程度時間がかかっても自動でダウンロードしていいと思う。
(動作を軽くする意図があるんだろうけど、設定で変更できるようにすれば問題ないかと)



5頭身男性アバター。
キャラグラフィックはストレートに男性向けなai sp@ceと違い
ちゃんと男性にも女性にも受けそうなかわいいけど媚びすぎないバランスで作ってるなーという印象。
(いやai sp@ceは元々男性向けなのでそれはそれで正しいんですが)

2頭身タイプは男女の区別つけなくても良かったかも。体型はどちらもほぼ同じだと思うんで。
女の子のアバターが何故か2頭身男性に登録されてたぐらいですし。



ユーザー作成のアバター。konozama.net
1つのパーツ以外透明にすることによりこのような人間型じゃないアバターもつくれるようです。なかなか自由度高い。
このまま歩けます。
これが街を駆け巡る姿はなんともシュール。



(・∀・)



街は狭くて簡易的な作りなものを想像してたので
広いしきちんと作ってあって驚き。
建築物は西洋風のちょっとメルヘンな雰囲気。
足を伸ばすと門や教会や橋や墓もあります。




ネットで昔流行った俗っぽいネタも。



メイドさんなのか…。

3Dグラフィック班は制服の4タイプ、ショップ店員5頭身男女2タイプ、4gamersの2キャラを作ったら
あとはひたすら背景グラフィックを頑張った…って感じでしょうか。

キャラはユーザーが作るというコンセプトなんでその力の入れる方向はきっと正しい。



ワープ装置。
徒歩で行くには遠い場所に一瞬で移動できます。
それはいいんですが、ショップに入る時もこういう装置から飛ぶのは味気ないような…。
確かにわかりやすいんですけども。



で、行ってみた山の休憩所。
うろうろしてたらいつの間にか崖から落ちてこんな所へ。
この位置からどこにも進めなくなり詰まったので仕方なくメニューからホームポイントにワープして帰還。

他にも何度か崖で詰まりました。
うーん。飛ぶまでいかなくてもジャンプはしたいなぁ。



山の休憩所からの眺め。
ちゃんと街の遠景を見せるこだわりはすごい。
街の存在感が強まるというか。



シームレスなのでこのままひたすら下に降りていけば街の遠景がどんどん大きくなっていき、そのうち街につきます。



それなりに広いので迷いやすいです。
一応こういう看板はあるし、右上の赤いアイコンを押すと小さなマップも出るんですが。おおざっぱでわかりづらい。


βだからなのかもしれないですが
せっかく街が作られているのに何も使われてない(NPCすらいない)場所が多いのがもったいなく感じました。

この家ひとつひとつにプレイヤーが住めるようになると面白そう。
家自体は課金で、家の中に置く家具などのアイテムはアバターと同じくユーザーが作るとか。
家は一般公開できて、その家の近くを通りかかった人が中を覗けるとか。


フィギュア販売ショップのホビーストックが運営という事で
企画の規模がいまいちよく掴めないのでどこまで期待していいのかよくわかりませんが、
セカンドライフを参考にしつつ、セカンドライフの日本人受けしなさそうな部分を上手くアレンジしていって欲しいなと思います。

二日目に続きます。

拍手[1回]

Twitterでつぶやく  Trackback (0) | ▲TOP

PR

≪ 新しい記事古い記事 ≫

Trackback

Trackback URL:

 
ニコッとタウン 現在の部屋

プロフィール

書いてる人
ueda
自己紹介
蕎麦は普通に好き。

ブログ内検索

解析