忍者ブログ

≪ 新しい記事古い記事 ≫

バトルロンドやってみた

小型美少女ロボ同士でバトルさせるネットゲーム。





こういう設定のネトゲって珍しいですね。
ファンタジーでもSFでもなく、現代日本…でもないけどそれに近い、中途半端に現代より科学が発達してる世界。
戦うのは自分ではなく自分が所有するロボット。
しかも正義のために悪と戦ったりするのではなく、スポーツのように他のロボットとバトルさせるだけ。

現実に近い分普通のネトゲより親近感はあるかも。
画面に映るのはロボットと部屋だけでプレイヤーの顔が一切見えないのも感情移入し易くするのを手伝ってる。


ちなみにこのゲームは可動フィギュアの武装神姫と連動していて、
そのフィギュアについてくるアクセスコードを入力するとネトゲの中でも同じキャラ素体と武装を入手できたりします。

どういう訳か私もフィギュアを持ってたので一体セットアップさせてみました。



戦闘機型神姫飛鳥。
声も仕草も性格も正統派美少女って感じでとてもかわいい。
武装の赤部分の色がフィギュア版より彩度高いなー。(フィギュアでは臙脂色に近い)


ステータスを考えつつ成長させ、装備を組んだら
あとはおおまかな指示だけ出して自動で戦うのを見守るという
要するにアクション要素の一切ないバトルシミュレーションゲームですね。
頭を使って勝負するゲーム。

ネットに繋ぐのは他のプレイヤーと対戦する時だけで、他はオフラインゲームと特に変わらない。
ただし他のプレイヤーと戦わないと成長させづらい。(トレーニングもあるけどやりすぎ禁物なので)
ただ万が一成長に失敗してもリセットはできるらしいのでそのへんは安心?



武装だけじゃなく普通のドレスやリボンなんかもあったり、しかもそれを性能重視で組み合わせるので仮装大会状態になってる事も多い。





散々負けた後ようやく勝てた…。
色々試してみて力押し装備、指示でようやく。
攻撃力よわいのかね。




実物の可動フィギュアだと関節がついていても人間の体に脳内変換するんですが
特に関節をつける必要のない3DCGでわざわざご丁寧に関節を表現されると違和感ありまくりですね。
あと顔のモデリングにちょっと独特な硬さがある。

でもどちらともロボという設定を考えればよく合ってる。



前述した通り頭を使う理系ゲームで、仕組みを覚えるまで大変そうだし
本格的に勝たせるには課金は必須らしいので
続くかどうかは微妙なところです。

自分の持ってるフィギュア(顔はあんま似てないけど)が動いたりしゃべったりしてる姿を見れるのは新鮮だし面白いなーとは思うんですが。

拍手[0回]

Twitterでつぶやく  Trackback (0) | ▲TOP

PR

≪ 新しい記事古い記事 ≫

ぬくぬく  2009.06.09 Tuesday
最低でも以下の6つをクリアしてから、
オフィシャルバトルにデビューするとよいでしょう

1.武装セットは4つ用意した?(各セットに組み入れる武器は1種か多くても2種までに抑える)
2.ミッションで連勝できるようになった?(3連勝以上)
3.シミュレータで連勝できるようになった?(5連勝以上)
4.武装セットを使い分けられるようになった?
5.武器/距離適正は分かってる?
6.トレーニングボケしてる?してるなら解消するための方法は?解消させるための引き分け用武装セットは用意した?

オフィシャルバトルにデビューした後は、
以下の事に気を配るとよいでしょう

1.オフィシャルバトル後はオーナーズルームへ頻繁に帰ってる?(勝っても負けてもイベントが発生しやすい)
2.距離適正の調整や維持は?調整方法は分かってる?
3.オフィシャル1戦ごとに、シミュレータを1戦以上してる?(試行錯誤が大切)
4.トレーニングボケの度合いは把握してる?
5.起動した神姫の弱点は分かってる?(重いのが苦手、暗いのが苦手、水が苦手、など)
6.バトルログは見た?重装の結果は?(バトルサマリーだけでも見るとよいでしょう)
ueda  2009.06.13 Saturday
ありがとうございます。
現在休止中ですが再挑戦する機会があれば参考にして試してみようと思います。

Trackback

Trackback URL:

 
ニコッとタウン 現在の部屋

プロフィール

書いてる人
ueda
自己紹介
蕎麦は普通に好き。

ブログ内検索

解析