忍者ブログ

≪ 新しい記事古い記事 ≫

カオスエイジ 1日目


簡単に言うと毎週土日定時に6回行われる1つのエリア内で沢山の人達が協力してBOSSを倒すイベント。制限時間内に勝利すると参加者全員1人1個ランダムでアイテムが貰えます。
詳しくはWikiのChaosAgeページを。
参加条件はスキル合計値850(カンスト)で、参加人数は最大350人。私が今日参加した時は200人前後だったので土曜日は参加しやすいのかも。土曜も日曜も人数はあまり変わらないようです。

ただの大規模BOSS戦ではなく、
一度でも死ぬかBOSSを倒せないまま制限時間を過ぎると持ち物と装備品(カオス専用防具を除く)が全て消えてしまうのが大きな特徴。
よって高価なアイテムを持ち込む人はほとんどいません。防具はカオス防具のみで武器や消耗品は安価なものを使い捨てという人がほとんどです。
あまり装備品によるプレイヤーの戦闘能力値の差はなさそうな感じ。なんともこのゲームらしい。


初参加。火の門。

戦いで貢献できる自信がないので消耗品補給露店での参加。
死んでも消えるのは持ち物・装備だけでお金は消えないので一度死んでしまった人がアイテムを買いなおすため露店の存在も重要になってくるらしいです。
戦えない人、魔法の使えない人も協力できるのがいいですね。

アイテムが消えるのが怖くて30~60個づつぐらいしか持ってこなかったら売れ切れ。バナナミルクが一番人気。思い切って100個ぐらい持って来た方が良かったのかも。
買われ方は1~3個だけ買っていく人もいれば在庫ごっそり大人買いしていく人もいて様々。
敵の攻撃が届きにくい安全な地帯で露店を開いていたのですが、最初から最後までBOSS戦が全く見えなかったのが残念。

戦況が把握できるのはこういった全体チャット経由のみ。
最初から最後まで露店出してたまに品揃えを変えるだけで終了。
協力できたのは嬉しいんですがBOSS戦らしさが感じられずいまいち楽しめませんでした。


二回目の参加。冥の門。

今度はBOSSが入り口(安全地帯)のすぐ近くに現れるのでちゃんと見れました。
とはいえ実際戦ってる姿はよく見えません…。
うーんやっぱり一度戦闘員で参加してみたい。このままだとこのエイジが面白いのかどうかいまいち判断しづらいです。

BOSS登場後10分程度で殲滅したため露店はあまり売れず。
補給露店は耐久戦向けなのかもしれません。
BOSSが近いので二回程BOSSの広範囲攻撃を食らうものの守備魔法をかけてくれる人のおかげで致命傷にはなりませんでした。


二回とも勝利し、アイテム消滅はありませんでした。ちゃんと安全地帯にいる限り消滅率は低そうです。
敷居は思ってたほど高くはなく
誰でもスキル合計値が850になったらいきなり魔法触媒露店などで参加できると思います。(触媒は誰でもNPCから購入可)
販売価格も原価そのままでも大丈夫。
むしろ安くすると全部転売目的で買われてしまいカオスで使用する人達の手に渡らない可能性もあったりします。(それでも無料配布する人もいるらしいですが)
仕様上最初から最後まで何もしないで安全地帯に立ってるだけでも報酬は貰えてしまうんですが(実際そういう人も一部いると思います)せっかく戦闘できない人でも力になれるシステムなので何か少しでも行動して欲しい所です。

FEZみたいに貢献すればするほど報酬が良くなるシステムになればいいんですけどね。でもそうなると戦闘員以外の判定が難しいですよね。例えば補助魔法・ダンスかけてくれる人や無償で魔法を使い他のプレイヤー達をカオスエイジの場所まで送り迎えしてくれる人の報酬を上げるというのは無理だろうなぁ…。


カオスエイジが開くのを門の前で待つパンダ達。
一度目が慣れてしまうとこういった光景もごく自然に世界に溶け込んで見えます。

拍手[0回]

Twitterでつぶやく  Trackback (0) | ▲TOP

PR

≪ 新しい記事古い記事 ≫

Trackback

Trackback URL:

 
ニコッとタウン 現在の部屋

プロフィール

書いてる人
ueda
自己紹介
蕎麦は普通に好き。

ブログ内検索

解析