忍者ブログ

≪ 新しい記事古い記事 ≫

俺タワー ~ Over Legend Endless Tower ~


俺タワー ~ Over Legend Endless Tower ~ - オンラインゲーム - DMM.com
俺タワー攻略まとめ Wiki*

DMMのブラウザ用RPG。妖精の森「深緑」(1-5)までプレイ。

そこそこ評判良いゲームだし私も特別悪いゲームとは思わない。
でもプレイしてて特に楽しい感情が起こらなずたまに思い出してログインしてみてもデイリー依頼とレベル上げをちょっとやって飽きてやめてしまう。

どうしてこうなるのか、改めて考えてみた。


(1)レベルが上がるのが遅い
一般的なネトゲ・ブラゲなら序盤はサクサクレベルが上がり中盤から上がりづらくなっていくのが普通だけど、このゲームの場合序盤から上がり方が遅い。
それでもなんとか頑張ってレベルを上げてステージを1つ進めても同じ草むらの背景とステータスが違う同じ敵が出るだけ。
どうもやる気が薄れてなってしまう。せめて敵の色や大きさを変えてくれたら…。

序盤の壁を乗り越えれば面白くなるタイプのゲームなのかもしれないけど、残念ながら乗り越えるまで続けられなかった。


(2)戦闘システムが単純すぎる
キャラ固有スキルが時々発動する以外はひたすらボコボコ殴るだけ。

武器防具も攻撃属性も前衛後列の概念もなく、作戦の効果は薄く、キャラ固有ステータス差も小さく、よく「レベルで殴るゲーム」と評されている。(※装備はアクセサリーだけ存在する)

スキルについては少なくとも序盤の戦闘はどのスキルを持ったキャラを選んでもあまり変わらない。
そのため戦闘より建築に有用なスキルを持ったキャラを戦闘させ育成することになりその辺も単調さの原因になってる気がする。


(3)戦闘シーンが放置できない
戦闘シーンはオートバトルだけど1ラウンド進むたびプレイヤーが2~3回クリックしないと進まない。
しかもキャラロストが存在するから何も考えず気楽にレベル上げしづらい。
ただこれについてはブラウザゲームではよくある事で別にこのゲームに限った事ではない。
(理想的なのは選択肢がなければ最後まで自動で進行していくかんぱにとクリア済みステージはボタン一つ押すだけで全部完了するアイギス辺り)


(4)キャラや世界観に魅力が持てない
公式で「工具や重機の擬人化ゲーム」と言っている割に元ネタの工具や重機とどう関係あるのかわかりづらい見た目・性格・ステータスのキャラが多い。戦闘スキル・敵キャラ・ステージ背景のデザインも建築方面の分野と全く関係ない。工具や重機を擬人化したキャラなのになぜ野性動物のように草むらに罠を仕掛けて入手するのかもよくわからない。
かといってあまり笑いをとる要素もないのでシュールなお笑いバカゲーという訳でもない(でも浴場は笑えた)
つまりはコンセプトがよくわからない。
正直建築系擬人化を実感するのは塔を建築する時ぐらいであり、戦闘を始めると建築要素は消え適当にごちゃごちゃ詰め込んだハリボテの世界に感じてしまう。
(ちなみにしっかり擬人化部分がしっかりしてるなぁと感じたゲームは艦これと刀剣乱舞)

キャラについてはひたすら自分の世界を突っ走ってるような癖の強いキャラが多くあまり馴染めなかった(でもウォーターポンププライヤー(一番上のSSにいるキャラ)は好き)
ただこれについては個人の好みの問題だと思うし、このゲームの個性であるとは思う。


(4)初心者向けの攻略サイトに恵まれない
wikiの初心者向けガイドがいまいち読みづらいし他の攻略サイトも個人的にわかりやすいと思う所が無かった。
そこまでプレイヤー人口の多くないマイナー寄りなゲームなので仕方ないとは思う。


一つ積み重ねるたび資材の自然回復量が増えていく塔の建築は他のゲームにない要素で好き。
無課金でプレイできるバランスも良心的。
キャラのボイスの数の多さも頑張ってると思う。
良い所までいってるのにあと一歩足りない感じ。

拍手[0回]

Twitterでつぶやく  ▲TOP

PR

≪ 新しい記事古い記事 ≫

 
ニコッとタウン 現在の部屋

プロフィール

書いてる人
ueda
自己紹介
蕎麦は普通に好き。

ブログ内検索

解析