忍者ブログ

≪ 新しい記事古い記事 ≫

アクション性のないローグライクゲーム

どうやらSteamにとってのローグライクの定義は

・プレイするたびマップ(地形、敵、設置物、落ちているアイテム等)が自動生成される
・運に左右される部分が大きい
・死ぬたびレベルやアイテムがリセットされる(※リセットされないゲームもあり)
・何度も繰り返し試行錯誤プレイする事によりプレイヤー自身が成長していく

らしく、Steamで「Rogue-like」というタグがつけられているゲームはアクションゲームが多い(アクション性がある場合「Rougelike-Like」「Rouge-Lite」という名で区別されることもあるらしい)

なので「こちらが何か一つ行動するたび敵も一つ行動する」という往来のターン制ローグライクをプレイしたい場合非常に困る。そういったローグライクをやろうとして間違ってアクションゲームを買ってしまったこともある。
(アクションゲーも別腹でそれはそれで好きだけどたまには一歩一歩じっくり思考しながら行動できるゲームもやりたい)


と、言うわけで個人的にSteamのローグライクゲームを一つ一つ調べて分類してみた。
基本的にタグにアクションがついてるかマルチ対応してたらアクションゲー確定。

■ターン制ローグライク
片道勇者
Don't Starve
Card Dungeon
Desktop Dungeons…敵は一切動かない
Invisible, Inc.
Pixel Dungeon
Darkest Dungeon
Dungeonmans
Sword of the Stars: The Pit

■リアルタイム進行ローグライク
Risk of Rain
FTL: Faster Than Light(※一時停止した状態で操作可能)
The Binding of Isaac
Magicite
Hero Siege
Rogue Legacy
Nuclear Throne

■分類しづらい
Crypt of the Necrodancer…一応音ゲー風のアクション要素はあるがこちらが行動するたび敵が行動する仕様
Dungeon of the Endless…扉を開けることで1ターン進む

拍手[0回]

Twitterでつぶやく  ▲TOP

PR

≪ 新しい記事古い記事 ≫

 
ニコッとタウン 現在の部屋

プロフィール

書いてる人
ueda
自己紹介
蕎麦は普通に好き。

ブログ内検索

解析