忍者ブログ

≪ 新しい記事古い記事 ≫

千年戦争アイギス

千年戦争アイギス ~一般版~ - オンラインゲーム - DMM.com(アダルト要素無し版)
千年戦争アイギス - オンラインゲーム - DMM.R18(アダルト要素有り版)
千年戦争アイギスwiki

タワーディフェンスなブラウザゲーム。
PCとAndroidに対応。

前々からプレイはしたものの18禁ゲームだったのでここに書くのは避けていましたが、最近アダルト要素を抜いた一般版が公開されたのでレビュー。

■おおまかな説明




「ユニット編成」「レベル」「コスト」「必殺技」「足止め」要素が存在するタワーディフェンスゲーム。
ブラウザゲームですがネットゲーム要素は全く無いです(多分課金アイテム販売のためにブラウザゲームにしただけだと思われます)

タワーディフェンスというと「最初にユニットを配置したらあとは何もせずユニットが敵を倒す姿を眺めるだけ」というイメージの人もいるかもしれませんが
このゲームの場合時間経過で「コスト」というポイントがたまっていき、そのコストをユニットを1人マップに設置するたび消費するタイプのタワーディフェンス。
それとユニット固有の必殺技も存在するため、残りコストや敵の動きを見つめながらタイミング良くユニット配置したり必殺技を出すボタンを押したり結構操作が忙しい。

高難易度マップだとアクションゲームに近くなったりします(でもちゃんと一時停止ボタンもある)


課金は「課金しなくても時々課金コイン配布するよ。それ以上欲しかったら課金してね!」方式。
課金ガチャで出るユニットは当然高性能なんですが、コストが高いので気軽に戦闘に出しづらい。育成も高性能ほどやりづらい仕様になっているため無課金キャラより強くするまでに時間がかかってしまう。
他の一般的なブラウザゲームと同じく、一日にプレイできる回数は決められて課金アイテム買うとプレイできる回数が増えるという方式。
普通にプレイしている分には特に問題なく楽しめます(ただ期間限定イベントを全部クリアしたいなら必須かもしれない)

そんな訳で「課金したほうが良いだろうけど無課金でもなんとかなる」という感じ。
単純に課金すればするほど強くなるゲームではない。


美少女ゲーム成分は見た目より薄め。
セリフや全身絵を見れるのは非戦闘時のみ。戦闘中は全く喋らないしキャラグラもドット絵とフェイスグラフィックのみ。キャラ目当ての人は少々物足りないかもしれない。
ストーリーも王道西洋風ファンタジーであり、例えるなら硬派なファンタジータワーディフェンスに後から美少女要素追加したような感じ。
ただ女性キャラのほうが圧倒的にキャラ数が多く、高性能キャラも多いので男性キャラのみで進めるのは辛い。


■面白いと思ったところ
タワーディフェンスというと今まで「延々沢山の敵がうじゃうじゃ通っていってボコボコ弾を撃っていく」という大味なイメージがありました。
でもこのゲームは敵味方共にユニット数が少なく遠距離攻撃できないユニットも多いので、画面がすっきりしていて見やすく攻略計画を立てやすい。

コスト制ゲームのため、コストが低い弱いキャラもちゃんと使い道があるのも好印象。
難しいタワーディフェンスをやりたいならあまりレベルを上げないまま高難易度マップに挑戦すればいいし簡単なゲームがいいなら時間かけてレベルをじっくり上げればいいので、ある程度自分で難易度を調整することもできるのも嬉しいところ。

他に上げられそうなものはこんな感じ。
・ゲームバランス良好
・常時イベント開催している
・アップデートにより操作性が改善されてる
・課金して高性能レアキャラをゲットしなくても十分楽しめるが、課金してゲットした人もちゃんと満足できる課金バランス

■残念に感じたところ
レベル上げが面白くない…。


延々この低難易度マップに「ユニットを2~4人配置→数分放置」を繰り返すだけ。

でもある程度レベルを上げないとどんなに頑張った所で高難易度マップをクリアするのは不可能なので、これをやるしかない。

何度も敵を倒して経験値稼ぎをさせるのはRPGだとよくある事ですが、タワーディフェンスでそれをやるのは違和感あるような…。
タワーディフェンスでゲームを楽しみながら経験値稼ぎをさせたいならマップや敵配置をランダムにすべき。
もしくはいっそゲーム要素を無くして「キャラを選んで訓練ボタン押す→一定時間後経験値を獲得」だけでも良かったと思います。

レベル上げが嫌いな人は多分「亡者の鎧」「城門の戦い」で詰まってログインしなくなってしまうだろうし、実際私もそこで長期間停滞してます。
これ以外は特に大きな不満はないのでホント残念。


■無印版と一般版の違い
・無印版…女性キャラの好感度を一定まで上げると一枚絵+テキストによるアダルトシーンを見れる
・一般版…女性キャラの好感度を一定まで上げると立ち絵+テキストによるキャラの会話を見れる

これだけのようです。どちらにしろプレイ可能年齢は18歳以上のみ(DMMの規約上の都合)
プレイデータは無印版と一般版で共有されているので好きな時に好きなバージョンでプレイできます(ただし無印版と一般版の多重起動は不可)
一般版の会話は無印版では見れないため、無印版だけプレイしてる人も一度は覗いてみるのをお勧め。

■これからプレイする人へのアドバイス
・神聖結晶(課金コインのようなもの)とシルバー以上のユニットはそんなに入手できないため、消費する時は攻略サイトをじっくり読んで慎重に(よくわからない内はシルバー以上は全部ロックを)
・クラスチェンジ(通称CC)もやり直しできないし、やらない方がいい場合もあるので攻略を参考に慎重に
・竜水晶など○○水晶系も集めづらいので利用は計画的に
・それ以外は特に取り返しがつかないものは存在しないので適当でOK

■ほか
見た目はレトロで地味だけど、しっかりゲームしてるブラウザゲーム。
「艦これが流行ってるからプレイしてみたけどゲーム部分が肌に合わなかった」という人は、こちらの方が楽しめるかもしれません。
比較的わかりやすいシステムだし最初のステージは簡単なので、タワーディフェンスは初めてという人でも多分大丈夫。
DMMゲームランキング上位に入ったりシリアルコードが付いた書籍が売り切れたり、着実に人気を伸ばしてる印象。


ブラウザゲームは大抵一日にプレイできる時間が決められてるのであまり時間を食われる事なくのんびりプレイできて好きなんですが、レベルの上がりづらさやレベル上げの退屈さは何とも微妙な所。

拍手[2回]

Twitterでつぶやく  ▲TOP

PR

≪ 新しい記事古い記事 ≫

 
ニコッとタウン 現在の部屋

プロフィール

書いてる人
ueda
自己紹介
蕎麦は普通に好き。

ブログ内検索

解析