忍者ブログ

≪ 新しい記事古い記事 ≫

Terraria(テラリア)レビュー

一ヶ月ほどかけ60時間近く遊んでいたテラリアのマルチプレイ。
ハードモード突入しボスいくつか倒す所まで行き無事終了したので、あらためてゲーム紹介。

■どんなゲーム?
地上探索したり地面掘ったり敵倒したり商人NPC呼んだりして素材やアイテムや装備品を集めていく横スクロールアクションゲーム。
地形は完全ランダム生成。シナリオやエンディングは特に存在しない。
世界に存在する殆どのブロックを壊すことができ、自由にブロックを積んで建物を建てたり地形を作ったりすることができる。

このゲームの場合地上より地下のほうが圧倒的に広いため、地面掘るのがメイン。

どこを掘っても同じというわけではなく、雪原・ジャングル・など多彩な種類が存在しそれぞれ出てくる素材やモンスターが違う。おかげで飽きづらい。

2Dとはいえ設置ブロックが手前と壁で二種類のタイプが存在するからある程度奥行きも感じられる。


■どの辺が面白い?

◇ボリュームの多さ
とにかくアイテムもモンスターもボスも地形もNPCもイベントも種類豊富(アイテム1,800種類、モンスター200種類以上)
どんどん新しい要素を見つけていきやれる事の幅が広がっていくのが楽しく、中毒性がある。
(ただしこれからはある程度プレイしないと出会えないため、序盤でやめてしまうと「古臭くて退屈なショボいゲーム」という印象を持ちやすいので注意)

◇手ごわいボス
有用なアイテムを落とす強力なボスモンスターが何体も用意されており、良いスパイスとなっている。
このボスの存在は具体的な目標にしやすいため、サンドボックス系ゲームにありがちな「やりたい事が特にない」という事態に陥りづらくなる。

◇キャラ変更、アイテム持込自由
ソロだろうがマルチだろうが関係なく別なワールドで育てたキャラを使う事ができ、更にそのキャラにアイテムを持たせればアイテム移動も可能というなかなか珍しい仕様。

作ったワールドがハズレだと思ったらキャラとアイテム持ち込んで別ワールドでやり直しなんてことも可能。

◇意外と楽しいハウジング
家具の種類が非常に多いので単純に家具並べるだけでも楽しい。

ベッドだけでも27種類もあるという凝りよう。
建材や壁ブロックの種類も豊富。建材ブロックは形も数パターンから選べるので斜めブロックで屋根をつけたりもできる。

家を作らないとNPCがPOPしない仕様なので、ちゃんとゲーム上で家を作るメリットがあるのもとても良い。

その代わり家の形はあまり自由度が高くない。
あとゲームの仕様上終盤は家を空中に浮かせないといけなくなるので、どうしても見た目が微妙になってしまい残念。

■どの辺が微妙?

◇戦闘が強制的

戦闘重視というより「無理矢理戦わせられる」と思ってしまう場面が結構ある。
時々ランダムでモンスターが自宅を襲撃してくるので、まったりプレイしたいと思っていたタイミングで襲撃されるとウンザリしてしまう。

普通のモンスターならとりあえず壁で囲めば侵入を防ぐことができるが、
「壁をすり抜ける」「家の中にワープしてくる」系のモンスターはどんな家を作ろうが防ぎようがなく、襲撃されたら戦うしか選択肢がない。




それとどんな時間、どんな地帯でも家の外を歩いてると必ずザコモンスターが襲ってくる。それらのザコモンスターをPOPさせないようにする手段は存在しない(一応あるにはあるが、全域をブロックで埋め尽くすなどあまり現実的ではない)

戦闘重視なゲームとはいえ、工夫次第でモンスターを遮断できたほうがより面白いゲームになった思う。


◇公式で日本語対応していない
一応非公式で日本語翻訳MODは出ているが、それを入れてもマルチプレイのチャットは日本語非対応なままなのでローマ字で会話するしかない。
簡単なやりとりだけならいいが、長文で複雑な事を伝えないといけなくなった時に不便。
(※多分Vita版とPS3版はマルチプレイチャットも日本語対応)

◇数秒間フリーズすることがある
ボスで乱戦状態の時など。
すぐ元に戻るのでそんなに実害は無いのだけれど、本来軽いはずの2Dゲームでフリーズしてしまうのは残念(自分のPC環境でほかのゲームは3D含めてほぼフリーズしない)


■どういうプレイ方法がお勧め?
「参加者全員所持アイテムなしで、新規生成された世界から始めるマルチプレイ」一択。
できるなら全員未経験者だとより楽しい。
ソロプレイも探索だけなら良いんだけど、ボスがかなり強いゲームなのでボス戦で苦労するかも…。

wikiや攻略サイトはあまり見過ぎると新発見を楽しめなくなる。操作方法など基本的な部分だけ見るか、詰まってどうしようもなくなった時に見るのをお勧め。


■マインクラフトとどう違う?
まず2Dと3Dという大きな差があるが、それは説明する必要がないのでおいといて…。

マインクラフト
生活感・雰囲気と建築重視。リアリティを表現するためアイテム製作や移動等にひと手間かかる。
ハウジングは外装メイン。アイテム、モンスターの種類はそんなに多くない。
モンスターと戦いたくないなら戦わなくてもいい(いつでもモンスターオンオフ切り替え可能)
世界はほぼ無限に広がり道に迷いやすい。

テラリア
ゲーム性重視。アイテム製作はボタン1つでサクサク。移動手段も豊富に用意されておりとても楽。
ハウジングは内装メイン。アイテムやモンスターの種類が非常に多い。
モンスターが強く、たまに無理矢理戦わせられる場面がある。
世界は有限で、自動生成マップが存在するので道に迷いにくい(マルチプレイ時他のプレイヤーの居場所もすぐわかる)

簡単に言うと
異世界に移住したような気分を味わいつつまったり採掘や建築したい人はマインクラフト。
とにかくゲームらしいゲームをやりたい!って人はテラリア。
マインクラフトで「ダイア集めてドラゴン倒したらたらもうやる事なくなった!」となってしまう人はテラリアのほうが向いてるかもしれない。

どちらも方向性が違い一長一短なので単純にどっちが優れてるとは言えない。


■お値段は?
Windows版はSteamでしょっちゅうセールをやっており、200~300円ぐらいで買えます。
値引き前の9.99ドルでも十分元がとれるレベルであり、コストパフォーマンスの高さでは1~2位を争うPCゲームだと思う。

Vita版とPS3版も日本語対応して出てますが、こちらは値段高め。
推奨スペックのパソコンを持ってるならWindows版のほうをお勧め。


■ほか
マインクラフトとこのゲームをプレイすると

「3D版テラリア」
「テラリア並にモンスターやアイテム等が豊富なマインクラフト」

このどっちかのゲームをプレイしたくなってくる。

後者はMODをたくさん入れたマインクラフトが近いが、MODの場合「入れるのに手間がかかる」「何も考えず入れるとバランス崩壊しがち」「マルチプレイに対応していないものが殆ど」等色んな難点が存在して悩ましい。



現在ソロで一番小さいワールドを作り最初からプレイ中。
マルチだとほとんど人任せにしていたアイテム作成の工程が初めてわかって楽しい。

拍手[2回]

Twitterでつぶやく  ▲TOP

PR

≪ 新しい記事古い記事 ≫

 
ニコッとタウン 現在の部屋

プロフィール

書いてる人
ueda
自己紹介
蕎麦は普通に好き。

ブログ内検索

解析