忍者ブログ

≪ 新しい記事古い記事 ≫

艦隊これくしょん~艦これ~ 一週間ぐらいプレイしての感想

艦隊これくしょん~艦これ~ DMM.com×角川ゲームスが贈る新鋭の大型戦略コンテンツ - オンラインゲーム - DMM.com

「艦娘」と呼ばれる美少女擬人化された艦艇の育成シミュレーションゲーム。
PC専用Flash製ブラウザゲームで、モバイルは未対応。

人気急上昇中なのでどうして人気出たのか知りたくて8/11からプレイしてみました。

■ゲーム紹介

基本的にゲームの流れは
「任務(クエスト)」や「遠征」で資材集め
     ↓
資材を消費し、「出撃」「演習」でレベル上げ
資材を消費し、「建造」「開発」でキャラや装備を作る
とシンプル。

ジャンルは「艦艇育成SLG」ですが、RPGに近いような気がします。
ストーリーはほとんど無いようなもの。リアルの艦艇をモデルにしているとはいえ戦う相手がモンスターなので戦争ゲームっぽさはありません。
ただ艦艇モノだけあって初めて見る用語がいくつかあって時々戸惑いました。


GUIや音楽・効果音が良くブラウザゲー特有の安っぽさがありません。キャラのセリフもフルボイス。
装備を外す時の動作が重い等気になる点もあるけれど、基本的に操作性良いしゲームバランスも良好。



戦闘は全てオート
プレイヤーが手を出せるのは戦闘開始前の陣形指示と、戦闘後先に進むか撤退するかどうかの指示だけ。進むルートも自分で決められず勝手に決定。
攻撃ダメージも同じ条件であっても1ケタだったり100越えたり振れ幅が大きい。
そのため普通のゲームより運の要素が強いです。

クリックしなくても勝手に進んでくのでプレイしててほとんどストレスがたまりません。
「出撃」「演習」は弱い敵相手の戦闘なら別ウィンドウで動画でも見ながら気軽にプレイできるし、「遠征」「建造」はログアウトしたりPCを起動していない状態でも勝手に進めてくれるので楽
PCゲームの場合こういう「別作業しながら遊べる」仕様は嬉しいですね。ゲームにあまり時間がとられないで済むので。

そしてキャラは戦闘で死んだら永遠に消滅(ロスト)。
HPが0になったら必ず死ぬという訳じゃなく色々条件が必要なので滅多に死ぬ事はありませんが、緊張感がありハラハラ見守るのが楽しい。
戦闘が終わり無事全員生還できるたび一安心。
これが無かったらよくあるだらだらレベリングゲームという印象になってたかも。


何していいのかわからなかったらとりあえず「任務」をクリアしておけば迷うことはないし資材もたまっていきます。


このゲームで気をつけないといけないのはキャラロストと資材切れぐらい(とはいえ開発資材以外は数日放置すれば勝手にたまっていく)

強い敵のいるマップに挑む場合は何人か小破~大破してしまうので回復のために何時間か休憩させないといけなくなりますが
ほとんどダメージを受けない弱いマップなら実質無限にプレイできます。(何度か出撃すると疲労することもあるけど短時間で回復)
「一日内にプレイできる時間が限られてる」タイプのブラウザゲームに近いシステムだけど完全にそのタイプという訳ではない感じ。

100種類を越えるキャラを集めて図鑑埋めたり、その中から気に入ったキャラをコツコツ育てたり、強化したキャラをどんどん強い敵に挑ませていったり…。
なんとなくポケットモンスターに近いものがあるような(任意のプレイヤーと対戦したりトレードしたりは出来ませんが)



■「ネットゲーム」として見た印象

ネットゲーム要素は以下の3つ。

プレイヤーランキング
上位に入ると「ささやかなプレゼント」が貰える。「ささやか」という言葉通りそんなに有用なアイテムではないため、あまり必死に狙う人はいません。

演習
実質「ランダムで選ばれた他のプレイヤーと同じステータスのNPCと戦う」だけのものであり、対人戦とは言いづらい。
対戦を挑んだ側の人に経験値が入り燃料等を消費する以外特にメリット・デメリット無し。ランダムで選ばれなかった任意のプレイヤーと対戦することもできません。

アイテム課金
主に時間の無い人がプレイ時間短縮できるアイテムを販売。急いで進めようと思わなければ課金しなくても問題なくプレイ可能。
基本無料ネトゲにありがちなキャラ強化アイテムや課金ガチャは無し。


要するに、実質ネットゲームじゃなく一人用ゲーム
対人戦(上に述べた通り近いものなら一応ありますが)、協力戦、アイテムやキャラのトレード、ユーザーショップ、ギルド、チャット、フレンドリストといったネトゲ定番要素は一切無し。
交流要素は公式掲示板があるぐらいです。
寂しい気がするけどネトゲ特有の人間関係のギスギス感が苦手な人には逆に好印象かもしれません。


「これならオンラインタイプのゲームにしなくても良いんじゃ?」と思わなくもないけど
オンラインじゃないとキャラが死亡したり資源が尽きた時リセットし放題なので、ここまで熱くなれなかったかも。
それと強制的に最新バージョンにアップデートされるため全員同じ環境でプレイできるというのも良いところ。


■「キャラゲー」として見た印象

全身描かれた美少女イラストがフルボイスでしゃべる。
そこまではいいんですが…

◆同じ艦娘がダブりまくる
艦娘は集めようとしなくてもレベル上げのため出撃してるだけで一日10人以上集まってしまいます。
当然レア度の低い艦娘はダブる。5人も10人もずらっと同じ名前が並んでるとせっかく可愛いと思った艦娘もありがたみがなくなってしまう。

◆艦娘を大量に殺さないとゲームが進行しない
艦娘は持てる数が100人までなので、100人集めると出撃できなくなります。
そして上で書いたように艦娘は集めたくなくても勝手に集まっていきます。
つまり必ず艦娘を大量に合成するか解体しないとゲームが進められません

(※「新しい仲間のゲットはできません」という表記だけど実際は出撃自体もできなくなっている)

美少女を愛でるゲームのはずなのに、手に入る美少女のほとんどが愛でられるどころか「素材にされ消滅するために生まれてきた」ようにしか見えないゲームシステムなのがせつない。
その内慣れてきて毎日作業的に艦娘を解体するようになるけど、それもせつない。

◆艦娘を人間として扱ってるのか物として扱ってるのかよくわからない
このゲーム、艦娘が戦闘で死んでしまうと悲しげな最期の言葉を残します。
ここまではわかる。

でも艦娘が素材化するため解体されるか、他の艦娘の合成素材として使われると…

 
何のセリフも悲しげな演出もないままあっさり消滅。

納得いかねー!!!

この場面でも戦闘死亡時と同じ悲しげな最期のセリフを言わせるか、そもそも艦娘を自分の手で殺す事ができないゲームシステムにする(「解体」ではなく「手放す」という言い方にするとか)かどっちかにすべきだったんじゃないですかね。
「擬人化」というより「絵を艦艇から女の子に変更して女の子のボイスを付けた艦艇」って感じ。

◆数が多い上似たような艦娘が多すぎ
レアの艦娘以外は名前、イラスト、セリフが違うだけで似たようなステータス、外見、声の艦娘が多すぎ。
更に自分で名前をつけたり服を着替えさせたりすることもできないので、同じ艦娘を複数入手するとLv以外で区別がつかない。
おかげでいまいちキャラに愛着がわきづらいです。

キャラゲーとして売るならもっと艦娘の種類を少なくし、その分ボイス数を多くしたりキャラを作りこんだりしたほうが良かったような(特に駆逐艦)

◆性格がわかりづらい
ボイスは1人につき22種類ぐらい(100人越えるキャラ数の割に頑張ってる方だとは思いますが)
好感度とそれによって変わる会話、キャラ同士の会話、キャラごとに用意されたイベントとかそういうものは全く無い。
イラストは通常時と中~大破時の2種類の絵があるだけで、表情差分なし。
更に前述の通り似たような服装(大体はセーラー服か巫女装束)のキャラが多いため、尖った個性のキャラじゃないと性格が掴みづらい。


…と、色々ひっかかる所は多い。

キャラ自体は可愛いんですが、ある程度妄想力か別メディア展開(漫画・アニメ等)が必要とされる感じ。
(私が知らないだけで美少女キャラを売りにしたソーシャルゲーム、モバイルゲームはみんなこんな感じなのかも。特にカードゲーム系)


■まとめ
気がづいたら何時間もプレイしてる、入りやすくて中毒性のあるゲーム。
他のブラウザゲームはほとんどプレイしたことないのでこのゲームが出来の良い方なのかどうかはわかりませんが、無料でこれだけ楽しめるなら十分じゃないでしょうか。
更に運営も良運営らしいので開始後たった3ヶ月で大流行した理由は納得できます。

ネトゲにありがちな「クリックゲー」でも「PT前提ゲー」でも「対人ゲー」でも「課金ガチャゲー」でもなく完全にソロでまったりプレイしていくゲームなので、ネトゲ疲れした人が辿り着く先となるゲームなのかもしれません。


で、自分がこれからもプレイし続けるかどうかというと…
今の時点では楽しくプレイしているけど、ゲームの目的が「艦娘を集めて図鑑を埋める」「キャラを強化してマップごとのボスを倒す」ぐらいなのであまり長く続かないような気がします。全マップ数は少なめだし極端に入手しづらいレアも無いみたいですし。

まぁネトゲじゃなく普通のゲームなので数ヶ月ぐらいでプレイし終わるのは当たり前といえば当たり前。
コンセプト的にネトゲ要素の実装は無理だとしても、もっとポケモンや武装神姫みたなにキャラに愛着持てるシステムや着せ替え集め要素があったらもっと違ったかも。



着せ替えじゃなく背景に表示される家具集め要素ならあるんですけどね(家具によるステータス変動は無し)

家具の説明文一つ一つに暖かみがあって好き。


普通なら殺伐としがちな実在武器イラストも可愛い小人さんを隣に置くことで柔らかく。
こういう「ミリタリー、軍事モノが苦手な客層」を取り入れる工夫が上手い。

拍手[0回]

Twitterでつぶやく  ▲TOP

PR

≪ 新しい記事古い記事 ≫

 
ニコッとタウン 現在の部屋

プロフィール

書いてる人
ueda
自己紹介
蕎麦は普通に好き。

ブログ内検索

解析