忍者ブログ

≪ 新しい記事古い記事 ≫

Steam

Steam

主に洋ゲーを扱う大手ダウンロード販売サイト。
たまにセール(1日限定と一週間ぐらいの期間やるのと二種類ある)が行われるんですが
凄く安くてびっくり。
古い名作ゲームもおそろしく安い。

洋ゲーに興味あるなら必須サイトですね。
現在もセール中なので興味のある方はぜひ。

カード必須だけどクレジットカードを持てない、苦手な人もデビッドカード作れば問題なし。(審査甘いので15歳以上ならほぼ誰でも作れる)

価格がドル表記なので日本円でいくらか知りたい時は「○○ドル」でGoogle検索するのをお勧め(ただし購入時手数料がかかるのでこれより少し高くなる)
日本語に対応してないゲームはここ見ると非公式日本語化パッチがあるかも。
有志が日本語化した海外ゲームのまとめ Wiki*

ちなみに今まで買ったゲーム。
・Tropico Reloaded 279円 (Tropico+Tropicoの拡張パック+Tropico2の詰め合わせ)
・テラリア 200円
・Portal Bundle 703円 (Portal+Portal2の詰め合わせ)
2~300円あたりのはフリーゲーム感覚で買える感じ。

欠点としては
・ゲームダウンロードに時間がかかる(ゲームにもよるけど重いのはMMOクライアントぐらい)
・ゲーム起動する時もパッケージ販売ゲームより多少時間がかかる
・Steamにログインしないとゲームがプレイできないため、サーバーが落ちてるとゲームがプレイできなくなるんじゃないかと不安になる(後Steamのサービス終了したらどうするんだろう)
・安すぎるのでそんなに興味のないゲームもうっかり買ってプレイしないまま放置してしまいがち
・説明書がない(プレイ方法はwikiを見るしかない)
・毎日チェックしないと1日限定セールを見逃してしまう(i <3 Steam等の情報サイトをRSS登録しておくといいのかもしんない)
・日本から購入できないゲームが結構ある
このへんですかね。
でもまぁそんなには気にならない程度。


それにしてもなんで日本にはこういうサイトないんだろ。日本版Steamがあったらインディーズゲームでもつい色々買っちゃいそうな気がする。
そんな訳で日本のダウンロード販売サイトのダメな点を考えてみる。

・Steamのように沢山ゲームが一つのダウンロード販売サイトににまとまってないので購入のたび登録手続きが面倒
・販売サイトによってはパソコンを変更するとプレイできない等、不親切なシステムのものがある
・パッケージ版の価格とあまり変わらない(パッケージ版を中古で買う方が安いような)
・そもそもダウンロード販売されてないゲームが多い

おかげで私がダウンロード購入した事あるのはペイントツールSAIだけです。ゲームは未経験。

拍手[1回]

Twitterでつぶやく  Trackback (0) | ▲TOP

PR

≪ 新しい記事古い記事 ≫

Trackback

Trackback URL:

 
ニコッとタウン 現在の部屋

プロフィール

書いてる人
ueda
自己紹介
蕎麦は普通に好き。

ブログ内検索

解析