忍者ブログ

≪ 新しい記事古い記事 ≫

家庭用ゲームをやらなくなった理由

最後に買った家庭用ハードはPS2。
それより後のハードは買う価値がない(どう考えても出した金額分ゲームを楽しむ事ができない)と判断して購入してません。
思いつく限りその理由をあげてみます。

■グラフィック・シナリオ・音楽・ムービーを一番重視する
ゲームを買うのは純粋にゲーム部分が目的なのでそういうのを楽しみたかったらアニメを見る。
シナリオやキャラや絵を楽しむものとして購入してしまうと逆にゲーム部分が邪魔なだけになってしまう(ノベルゲーム、ADVのように面倒なゲーム性を取り除いてしまえばそれはそれで有り)

■自由度が低い
主に上の「グラフィック・シナリオ・音楽・ムービーを一番重視する」が原因。
ほとんどのゲームは開発者に用意された一本道を指示された通りになぞるだけになってしまっている。
そういうタイプが昔からどうも面白いと思えない。

■ムービー(イベントシーン)がウザい
自由度が高そうなのに惹かれてロマンシング サガ -ミンストレルソング-をプレイしたけど飛ばせないムービーやボイスが頻繁に強制的に見せらる仕様に負けてリタイア。
倒すのが難しいボスに全滅して再挑戦するたび長いムービーの再生が終わるのを待つのは心が折れるよ…。

■ゲーム部分があまり面白くない(例えレビューで高評価であっても)
評判を見てプレイした「大神」はゲーム部分が面白くなく(最初はそこそこ楽しかったけど、ほとんど違いのないミニゲームを何度も繰り返しやらせようとしてくるのでダレた)、途中でリタイアしてしまいました。

■ゲーム部分が進化してない
進化していくのはグラフィックだけでゲーム自体の進化は長い間停まってしまっていて、昔のゲームと似たようなゲームしか出てない気がする。
今更プレイする気はない。
(全部のゲームをプレイした訳ではないので、自分の知らないゲームでちゃんと進化しているものもある可能性はあり)

■3Dである意味のわからないゲームが多い
まぁ楽にグラフィック作成するために3Dにしてるだけなんだろうけど、3Dの利点をもっと生かして欲しいような。
塊魂はよかった。PS2で純粋にゲーム部分が面白いと思えて最後までプレイし尽くしたゲームって塊魂だけかもしれない。


…という訳でPCゲーム(ネトゲを含む)だけプレイするようになりました。
ネトゲはうざいシナリオやムービーが無いし自由度も高いのはいいけどゲームとして面白くない事が多いのが問題。
それでも家庭用ゲームよりはまし。
DSはちょっと欲しいと思う事もあるけど新しく出るハードがどれも微妙なおかげで買わなくて済んでます。

拍手[2回]

Twitterでつぶやく  Trackback (0) | ▲TOP

PR

≪ 新しい記事古い記事 ≫

Trackback

Trackback URL:

 
ニコッとタウン 現在の部屋

プロフィール

書いてる人
ueda
自己紹介
蕎麦は普通に好き。

ブログ内検索

解析