忍者ブログ

≪ 新しい記事古い記事 ≫

クリエイティブモードで建築重視マルチ

以前は無料のクラシック版でマルチサーバーを立ててましたが
最近有料版でもクラシック版に近い簡単に建築ができるモードが実装されたので有料版の方で建築重視身内サーバーを立て始めました。
感覚としてはブロックの種類が増えトロッコやレッドストーン回路等が使えるようになったクラシック版って感じ。テクスチャを変更したせいかクラシックほど目が痛くならない。
バージョンはb1.81。



(下はmcmapで作成)

■マルチプレイ
クラシックと同じく誰か一人サーバーを立てて、そこに他の人が入る形式。
サーバーに入るだけなら誰でも簡単にできる。サーバーを立てる人はある程度の知識と手間とPCスペックが必要。

■サーバーたてる
ポートの開放についてはこのへん
ポートの開放さえできてればwikiのマルチプレイページを読むだけであっさり立てられます。違いはよくわからないけどJAR版にしてみました。

■server.properties
view-distance=15

地形テクスチャがはがれて地下が見えてしまうバグを回避するため描画距離を最大に。
上げると重いらしいのでバグがなければ低くても問題ないと思う
spawn-monsters=false

建築重視のためモンスターはオフ。(クリエイティブでもクリーパーの爆発で建物は壊れる)
gamemode=1

モードをクリエイティブモードに。
spawn-animals=true

建築重視なら動物オフの方がいいかもしれない。麦畑作る時じゃまだし。
でも居たほうが見た目賑やかになると思ったのでオン。
allow-flight=true

クリエイティブモードなので移動に関する不正があっても問題なし。
white-list=true

white-list.txtに書かれたユーザー以外入れなくなるホワイトリスト制を使用。
デフォルトだとグローバルIPさえわかれば誰でも簡単に入れてしまうので身内サーバーは必ずホワイトリスト制に。

■white-list.txt
ホワイトリスト一覧。
マルチへの参加を許可した人のユーザーネームを改行で並べる。

■ops.txt
管理者一覧。特殊コマンドが使える。
自分のユーザーネームを入れるのを忘れずに。

■マルチ用セーブデータ作成
どんな土地、ホームポイントでも構わないならやる必要なし。

(1)シングルで、平らな地形のあるシード値(今回は3181155使用)をクリエイティブモードで開始。
NPC村は重そうだし特に必要ないので村生成オフにした。

(2)1で作ったセーブデータをMCEditで開きホームポイント変更。(失敗しやすいので実行前にセーブデータのバックアップは必須)
平らな地形の近くにしといた。ただしホームポイント付近はOP(管理者)以外いじれないので建築予定地は避けた方がいいかも。

(3)セーブデータをマインクラフトのサーバーが入ってるフォルダに置き、server.propertiesの「level-name=」でセーブデータフォルダ名指定。

■セーブデータのバックアップ
重要。
毎回別なフォルダにコピーしておくのと、時々USBメモリにも入れてる。
オンラインストレージでもいいかもしれない。

■マインクラフトのバージョン
新しいバージョンがきても最初はバグが多いので、マルチはしばらくは安定バージョンで立てた方が無難。
参加者にも「次のバージョンがきてもしばらく今のバージョンでマルチを立てるからバージョンアップする時はminecraft.jarをバックアップしておいてね」と言っておく。
(マインクラフトは一つのPC内に複数作れるのでminecraft.jarさえバックアップしておけばバージョンごとに使い分けする事も可能)

日本語拡張MOD
対応した。
サーバーだけじゃなく参加するプレイヤーもMODをクライアントに入れる必要があり面倒だし、ローマ字会話でも一応意思疎通できるので無理に入れなくてもいいかも。外部チャット使う手もあるし。
でもひらがな会話はなごむ。

■バニラサーバーでできること

できること
・特定の人を他の特定の人がいる場所にワープ
・プレイヤーをBANする、BANリストを作る
・ホワイトリスト制
・ゲームモード変更
・モンスターや動物、植物の成長,、PVPオンオフ
・その人だけに個別メッセージを送る
・時刻(昼、夜など)変更
・不正な移動があった場合自動でキック
・主なアイテムの呼び出し

できないこと
・ホームポイントにワープ
・座標を指定してワープ
・昼や夜の長さを設定
・天候オンオフ
・鍵つきチェスト
・エリア保護
・火や溶岩の延焼、クリーパーやエンダーマンのブロック破壊等を無効
・カラー羊毛などダメージ値の付いたアイテムの呼び出し
・ホームポイント付近の管理者以外建築できない範囲を変更
・他いろいろ

「できないこと」をやりたければマルチサーバー用MODや追加プラグインを入れる必要あり。
身内ならともかく公開サーバーの場合はバニラのままだと厳しい気がする。

■サーバーMOD・追加プラグイン
Bukkitが有名。日本語の解説はほぼ無いため英語が読めないと無理。
バージョンアップのたびに入れなおしが面倒だしバグの原因になってしまうと困るので今の所入れてない。
身内サーバーだしクリエイティブなため不正もしようがないので今の所特に問題なし。

■サーバーの立てる時間
不定期。夜21~0時までが多い。長時間立てる時は途中で再起動したほうがよさそう。
立てる時はTwitterで告知。

■街を作る
他の参加者に出した指示は「西洋風の建物ならなんでも。ドット絵、浮遊した家とか街として違和感のあるものは無しの方向で。他の建物が陰になって見えなくならないよう高い建物は端のほうに。マップデータが重くなるからあまり遠くにはいかないでね」みたいな感じ。
きちんと設計を考えたのは道路、線路、橋だけで、他はお任せ。
街作成の大体の流れは「平らに整地→道路作成→道路の脇に街灯設置→トロッコ線路作成→建物建設」。(厳密にこの順番通りではない)

■クリエイティブモードでやる理由
おまけ。ほとんどのマルチはサバイバルで、クリエイティブでやる人は少数派だと思うので書いてみる。

・自分がマルチで一番やりたかったのが建築(複数の人で話し合って建築するのが楽しい)
・サーバーを立てる時間、更に他の人がログインする時間が短いので、建築以外の事にとても時間がかかるサバイバルは厳しい
・素材集めや戦闘といったRPG要素はシングルでじっくりやりたい(もしくは他の人の24時間稼動マルチサーバーでやりたい)
・b1.8現在、サバイバルだと建築において重要な素材の一つであるカラー羊毛集めがとても厳しい
・全てのアイテムを思う存分使った建築をじっくり考えてみたかった
・なんか大きいの作りたかった
・モンスターオンにしたサバイバルだと建物や土地がたいまつだらけになり微妙な見た目になる

なんか、日本のマインクラフトジャンル内では「マインクラフト=頑張って素材を集めてから建築するゲーム」「アイテム使い放題=すぐ飽きてつまらない=悪」みたいな固定観念が強すぎる気がする。(一応クリエイティブ実装前に「ブロック集めたり壊すのに時間かかってテンポ悪いから有料版は購入する気ない」って言ってた人もいるんだけどね)
多分ニコニコ動画でサバイバル重視の実況が流行ったのが原因なんでしょうね。
サバイバルはサバイバルでゲームっぽくて生活感あって好きだけど、クリエイティブとは全く別なゲームとして見てます。サバイバルはRPG要素や素材集めを楽しむのがメインで建築はそのRPG要素の報酬、目標、ゴールとして存在するもの、そんなイメージ。


■追記
バニラのままでいくつもりが結局CraftBukkit導入してしまった。

CraftBukkit導入はこのへん
Minecraft Japan Wiki - Bukkit
セーブデータをバニラからCraftBukkitに移す時はここを参考にした。
トピック - マルチセーブデータ移行について • Minecraft 非公式日本ユーザーフォーラム


CraftBukkit本体の過去のバージョンが配布されてない上プラグインのバージョンがバラバラなので本体に合ったプラグイン探すのにかなり苦労。
(追記:過去バージョンはこちらで配布されているようです
以下入れたプラグイン。

WorldGuard
火の延焼防止目的。他にもTNTの爆発、クリーパーの爆発、雨や雷、砂の落下など色々制限することができる。
どのマルチサーバーにも大抵入ってる定番プラグイン。

※追記:延焼防止だけなら↓のEssentialsプラグインのみで可能らしい。

Essentials
松の木の葉などダメージ値付きアイテムを出すのを目的。他にもテレポートとか色んなコマンドが使える
似たようなプラグインは多いのでバージョンと好みで選ぶのがいいと思う。


ダメージ値付きアイテムは一旦アイテム出した後バニラに戻しても問題ないけど、延焼防止は重要。

ログを見ると致命的エラーが出てる。
一応普通にプレイはできるけど微妙にバグがある(たまに置いたブロックが消える、時々アイテムドロップアニメーションが延々と繰り返されるなど)

拍手[2回]

Twitterでつぶやく  Trackback (0) | ▲TOP

PR

≪ 新しい記事古い記事 ≫

NONAME  2011.11.18 Friday
>CraftBukkit本体の過去のバージョンが配布されてない
そんなことはありません。
http://ci.bukkit.org/job/dev-CraftBukkit/
ここから過去バージョンがダウンロードできます。
ueda  2011.11.20 Sunday
なるほど、ちゃんと配布されていたんですね。
ずっと探してたので助かりました、どうもありがとうございます。

Trackback

Trackback URL:

 
ニコッとタウン 現在の部屋

プロフィール

書いてる人
ueda
自己紹介
蕎麦は普通に好き。

ブログ内検索

解析