忍者ブログ

≪ 新しい記事古い記事 ≫

Minecraft Classic カスタムサーバー 「fCraft」メモ

Minecraft Japan Wiki - fcraft
Main Page - fCraft
Minecraft Classicのサーバーを立てる場合本家よりカスタムサーバーのほうが機能面、セキュリティ面でも良さそうな感じです。
海外ではほとんどカスタムサーバーを使用しているようです。
カスタムサーバーはユーザーにより作られており、MCSharpとか色々種類がありますがfCraftを使う事に決めたました。
以下メモ。
(※今後更新予定はありません。転載はご自由にどうぞ)

■fCraftの特徴
・コマンド豊富
巨大建築物を作ったり広範囲整地するのがぐっと楽に。

・荒らし対策完備
初めてサーバーログインした、信頼できるかどうかわからない人には機能制限をかけられるので安心(もし荒らされても最小限で済みます)
完成した建築物だけ保護したり、ワールド1は誰でも建築できる、ワールド2は信頼できる人だけ建築できるようにするというエリア別にわけた運営も可能。

・ワールドを複数作れ、作成・管理が楽


森、島、海、砂漠、平地等のマップを好きなサイズで簡単に作成可能。
複数の世界を同時に運営し、遠景ビジュアル付きで楽に管理できます。
(ゲーム内でワールド移動する時はチャットで「/join マップ名」を打つ)

・物理の法則が適用されない
水や溶岩は流れないし、草や木は自動的に生えません。
水や溶岩や草が欲しい時はコマンドを打つ必要があります。
本家と違い水没被害の心配はないけれどリアリティもないのでこれは好みが分かれる所かも…。

・海外サイトですらマニュアルがほとんどない
一応ゲーム内で/help [command]打てばコマンド説明は見れます。

■注意
本家からfCraftへセーブデータを移行することはできますが、逆に本家に戻すことはできません。
(※でももしかすると探せばコンバーターの配布があるのかもしれない)

■サーバーの立て方
ここを見れば立てる段階まではいけます。
minecraftで遊ぼう: 無料サーバ

上手くサーバーが立てられなかったら多分ポート開放に失敗しています。こちらの記事参照。

が、このままではサーバーを立てた人が管理人権限を持っておらず他のプレイヤーをBANする、ランクを与える等の作業ができないため、
サーバーを立てたら最初に一度

このコンソールの一番下の入力欄から
/rank [自分のUserName] owner

と送信しておきましょう。
これでゲーム内で全コマンドが使えるようになります。


■本家Classicからのセーブデータ引継ぎ
シングル・マルチに関わらず引継ぎ可能なようです。
MCSharpなど一部カスタムサーバーからも可。

(1)ConfigTool.exe起動>Worldsタブ>Add World

(2)Load fileの右からセーブデータファイル(本家マルチならserver_level.dat)を参照
しばらく待ち正常に読み込み終わったら右下のOKボタン

(3)世界リストから新しく読み込んだ世界の名前(多分New World等になっている)をクリックし、半角英数で名前をつける

(4)ゲームにログインした時最初に表示される世界にしたい場合Main worldの右から世界名を選択し設定。
最初からある世界は後から再び作れるただの平地なので削除してOK。


■コマンド
・チャットで打つ事により使えます。実際打つ時は[]は入力しません。
・プレイヤーのランクによって使えるコマンドが違います。
・実際動くのかどうか確認していないものもあります。
・ブロック指定法は英単語のブロック名かブロック番号。石ならstoneか1。

/ban [player] 指定プレイヤー名でBAN
/banall [player] 指定プレイヤーのIPをBAN
/baninfo BANリスト表示
/banip [IP] IPでBAN
/bind [block1] [block2] [block1]を置くと[block2]に変化するようになる /bind [block1]で解除 
/bring [player1] [player2] player1をplayer2の位置にワープ 
/bringall 全プレイヤーを自分の元へワープ/bringall [rank] [world]指定も可
/cancel 建築コマンド指定中途中でキャンセル
/clear チャットログ消去(自分のみ)
/colors チャットの文字色一覧表示
/commands コマンド一覧表示
/copy 最初と二度目にクリックしたブロック間範囲内のブロックをコピー(/pasteで使う)
/cubh cuboidの中身空洞バージョン
/cuboid 最初と二度目にクリックしたブロック間範囲内に所持ブロックで立方体を作る /c /cub でも可
/cubw cuboidのワイヤーフレームバージョン
/cut 最初と二度目にクリックしたブロック間範囲内にあるブロックを全削除
/deafen 自分にあてのチャット全拒否 /deafでも可 
/dumpstats [FileName.txt] ログインプレイヤー統計を出力
/ellipsoid 最初と二度目にクリックしたブロック範囲内に所持ブロックで球体を作る /e でも可
/ellipsoidh ellipsoidの中身空洞バージョン /eh でも可
/freeze [player] プレイヤーを動けなくする 
/gen [Theme] [Template] [X Y Z] 新マップを作成
/grass 土を置くと即草が生えるモードオンオフ
/help ヘルプ表示 /help [command]でコマンド名の説明
/hide 自分の姿を透明に unhideで解除
/ignore [player] 指定プレイヤーからのチャット無視 [player]省略で全員
/importbands (※コマンド一覧にあるが使用不可)
/importranks [SoftwareName] [file] [rank] 別サーバーのプレイヤーリストをインポート
/info 自分についての情報を表示
/join [world] 別世界へ移動
/kick [name] プレイヤーをサーバーから追放
/lava 赤ブロックを置くと溶岩になるモードオンオフ
/line 最初と二度目にクリックしたブロック間に所持ブロックでラインをひく
/lock [world] ワールドを閲覧限定(ロム専)モードにする /unlockで解除
/lockall lockを全ワールドに実行
/massrank [rank1] [rank2]
/mark
/me ロールプレイ用発言
/measure 最初と二度目にクリックしたブロック間の座標等の情報を表示
/mirror [X or Y or Z] コピーしているブロックを指定された軸を基準に反転
/mute [player] プレイヤーをチャット・コマンド禁止にする
/paint 壊したブロックを所持ブロックと置き換えるモードオンオフ
/paste コピーしたブロックをペースト
/pastenot 
/patrol 次のプレイヤーの元にテレポート /patでも可
/players プレイヤーリスト 
/rank [player] [rank] プレイヤーのランク変更 
/rankinfo ランク表示
/ranks ランクごとにプレイヤー検索
/reloadconfig 
/replace [block1] [block2] 最初と二度目にクリックしたブロック間にある[block1]を全て[block2]にする /rでも可
/replacenot 
/restart サーバー再起動
/roll 1~100内のどれかの数値を出す /roll 最大値、/roll 最小値 最大値 という指定も可
/rotate [-90 or 90 or 180 or 270] [X or Y or Z] コピーしているブロックを指定された軸を基準に指定数値度回転
/rules サーバールールを表示
/say サーバーメッセージを発言 
/setspawn 現在地をデフォルトの復帰地点に
/shutdown サーバーシャットダウン
/sinfo サーバー統計を表示
/solid 石ブロックを置くとアルミニウムになるモードオンオフ
/sphere 最初にクリックしたブロックを中心点、そこから二度目にクリックしたブロックまでを半径とし球体作成 /spでも可
/sphereh sphereの中身空洞バージョン /sphでも可

/staff [text] 管理者、準管理者限定チャット
/tp [player] 対象プレイヤーへテレポート
/unban [player] 対象プレイヤーBAN解除
/unbanall [player]
/unbanip [IP] 対象IP BAN解除
/undo 最後に実行した/cut /paste 立方体作成等を取り消し
/unfreeze [player] freeze解除
/unhide 自分の透明化を解除
/unignore [player] ignore解除
/unlook [world] 閲覧限定モード解除/unlookall unlookを全世界に実行
/unmute [player] mute解除
/version サーバーバージョン表示
/waccess
/water 青ブロックを置くと水になるモードオンオフ
/wbuild [world] [rank]
/wflush
/where 場所情報表示 /where [player]でプレイヤー情報
/whide [world] 指定ワールドを非表示 /worlds allで全表示
/winfo [world] ワールド情報表示 [world]省略で現在ワールド
/wload
/wmain [world] 指定ワールドをメインにする
/worlds ワールドリスト表示
/wrename
/wsave [filename] 指定した名前でマップファイル保存 同じファイル名がある場合上書き
/wunhide [world] whide解除
/wunload [world]
/zadd [ZoneName] [rank] 最初と二度目にクリックしたブロック間を指定ランク以上ランクのみ建築できるゾーンにする
/zedit [ZoneName] [rank] 指定した作成済ゾーンで建築できるランクを変更([+player]か[-player]でプレイヤー指定も可)
/zinfo [zone] ゾーン情報表示
/zones ゾーンリスト表示
/zremove
/ztest



■ランク

基本的に

owner 管理者 全コマンドが使える サーバーを立てた人 
op 準管理者 ほぼ管理者と同じ事ができるため管理者が信頼できると判断した人を任命
regular 拡張建築ができる 拡張建築は荒らしに使われると被害が大きくなるため常連さんなど荒らしじゃないと判断できた人を任命
guest デフォルトのただ建築できるだけ状態 荒らし対策を強固にしたい場合は建築不可にするのも手

大体こんな感じの分類でいいと思います。
どのランクで何ができるかはConfigTool.exe>Ranksで変更可。

拍手[14回]

Twitterでつぶやく  Trackback (0) | ▲TOP

PR

≪ 新しい記事古い記事 ≫

Trackback

Trackback URL:

 
ニコッとタウン 現在の部屋

プロフィール

書いてる人
ueda
自己紹介
蕎麦は普通に好き。

ブログ内検索

解析