忍者ブログ

≪ 新しい記事古い記事 ≫

Minecraft Classic についてのメモ

海外のサーバー見学

Minecraft
海外の無料ブラウザゲー。
ブロックを積み上げ街を作る「ゲーム版レゴブロック」「3D版お絵描きチャット」みたいなもの。
ちょっとわかりづらい所があったので覚え書き。

■操作
・WASD移動。マウスで視点変更。

・左クリックでブロック削除。右クリックで積み上げ。

・ブロックは下の一覧からホイール選択。他のブロックが使いたくなったらBキー。

・スペースキーでジャンプ。ジャンプ可能な高さは1ブロックのみなので高台に上がる時はブロックを階段状に積み上げて移動する。
水の中で上昇する時もスペース。何も押さないと沈む。フラフラ揺れるので酔いやすい。

・設定変更したい時、別作業のためカーソルを自由移動させたい時はESC。キー変更もここから。

・Enterで現在地を復帰地点に設定。間違って押し易いため変更推奨。
Rで復帰地点にワープ。道に迷ったり閉じ込められたらとりあえずこのキー。

・Tでチャットウィンドウを開く(マルチプレイ時のみ)

■仕様
・ジャンプすると足の下にブロックを置ける。これを利用して簡単に1ブロックの塔を作り周辺の土地を確認可能。
この塔は道に迷った時の目印としても使える。
・ワールドは上下左右の端まで辿り着くと見えない壁がある

■無印とClassicの違い
どちらともシングル・マルチ両方可能。

●無印
・有料(\1,000~2,000程度)
・RPG+ブロック積み遊び
・クライアント型ゲーム
・見た目より重め
・ブロックを入手するには素材を現地採集したりそれを組み合わせて加工する必要がある(ネトゲの生産に近い)
・ブロックの種類が多い ただし素材が貴重で入手に手間がかかるブロックもあり
・ブロックを壊すのに数クリック必要
・動物やモンスターがいる(モンスターはオフにする事も可)
・ライフが0になると死亡し復帰地点へ戻される
・昼と夜がある
・夜や建物の中はたいまつを置かないと真っ暗
・スイッチやトロッコなど特殊な仕掛けも作れる
・世界は歩くたび無限に生成され果てがない
・現在β版 開発中なため時々更新がある
・Classicよりメジャー 単純に「Minecraft」と言うとこちらを指す

●Classic
・無料
・シンプルなブロック積み遊び
・ブラウザゲー
・軽い
・ブロックは無限に使い放題
・ブロックの種類が少ない(扉・イス・ハシゴ等はない)
・ブロックは1クリックで壊せる
・ブロックとプレイヤーキャラ以外何も存在しない
・ライフが存在しない そのため高所から落ちても水や溶岩に入ってもダメージがない
・世界は一定サイズで生成され端まで歩くと見えない壁にぶつかる
・現在更新終了

■ブロック
Bキーで出るブロック一覧

・半ブロックで階段を作るとジャンプ無しで高い位置へ移動可能に。

・水ブロックは隣か下に空間があると自動的に増えて流れていく。
水の近くにスポンジブロックを置くと水が乾く。普通のブロックを置いて水ブロックを埋める事も可能。

・砂ブロックは空中に置くと下に落ちる。

・土ブロックは日光にあたると草が生える(上が黄緑になる)
草が生えた土以外のブロックの上に花を置くと消滅する。

・マルチプレイのサーバーの設定次第では木の苗が成長する(未確認)


■シングルプレイ
・一人で遊ぶ
・アカウント作らなくても遊べる
・アカウントを作りログインした状態でプレイするとセーブ、ロード可能になる
セーブデータはローカルに保存される

■マルチプレイ
・複数人で一緒に遊ぶ
・誰か一人がサーバーを立て、そこに他の人を呼ぶ方式
つまりプレイする間サーバーを立てた人がパソコンをつけっぱなしにする必要がある
・アカウントを作り、ログインしないと一切プレイ不可
・アカウント名がそのままゲームプレイ時プレイヤーネームとして表示される
・チャット可能 海外ゲームのため半角英数のみ(とはいえローマ字で十分日本語交流できる)
チャット内容は参加している人達全員と、サーバーを立ち上げている人が見れる
・セーブ、ロード可能(1分おきに自動セーブ、一度終了しても再起動時に自動ロード)
セーブデータファイルは「server_level.dat」1つのみ。これをバックアップしておけば安心。
・シングルプレイのセーブデータは使えない
・たまに自動退室になる事がある
・キャラクタースキン(自キャラの外見)の変更は有料ユーザーのみ


◆誰かが立てたサーバーで遊ぶ
・ログインした状態でこちらのページの一覧からサーバーを選んで入るだけ。

・ただし管理人に許可を貰った人しか制作できない、実質展覧会状態(ROM専)のサーバーも多い。
タイトルに「FreeBuild」とあっても制作できない事もある。
自由に制作できるサーバーにあたっても作れるスペースがほとんど残ってなかったりする。
この辺は好みのサーバーに当たるまで手当たり次第入ってみるしかない。

・日本語で遊びたくてもここから日本人の立てたサーバーを探すのは難しい。
サーバー名を公開している日本のサイトを探すしかない?でも一時的にしか立ち上げないからか公開している人は見かけない。
ニコニコ生放送で探す手もあるかも。(リンク先は有料版Minecraftも混在しているため注意)

・海外サーバーで遊ぶのに興味のない人もOfficial Opticraft Dev Server!はクオリティが高い建築物があるので見学してみるのをお勧め。


◆自分でサーバーを立てて遊ぶ
気に入ったサーバーが無いならいっそ自分で立ててしまう。
身内同士で遊びたい人もこちら。
建物が何もない地形だけの状態から始められるのもいい所。


やり方は以下のサイト参考。
Loglink: minecraft Classic版のサーバーの立て方
Minecraft Japan Wiki - クラシックマルチプレイ
vipdeminecraft @ ウィキ - 鯖の立て方


公式サイトでDLできるサーバーよりカスタムサーバーを使のをお勧め。
カスタムサーバーについての説明はこちら。

ゲーム内でTキーでチャットウィンドウが出ればサーバー立て成功。出なかったら失敗(シングルプレイモードになっている)


ポート開放でつまづきやすい。
・Minecraftのサーバーを立ち上げた状態でポート開放の確認サイトで確認
・一時的にファイアーウォールをオフにして、原因はファイアウォールなのかどうか確認
・「自分のPCが使っているルーター名+ポート開放」でGoogle検索
・ネットバリアのあるプロバイダを使っているならバリア解除
・プロバイダ契約内容によっては無理な場合もある?

●公式サイトでサーバーを公開する
・人が来やすいけど、ほとんど海外の人
言葉のいらないゲームなので大きな問題はないけれど、英語が得意じゃないとチャットで交流しながら遊びたい人には向いてない

・他の人が作ったものを壊す荒らしが来やすくなる
対処手段はあるけど管理に苦労すると思う
(自分のケースだと2~3時間ぐらいしか公式公開していない、最大人数10人のサーバーに2人海外の荒らしがきました)

●サーバー非公開にする
・安全
日本語の通じる人だけ、又は身内だけで遊べる。
ただし誰かに呼びかけるかどこかのサイトで宣伝しないと人は全くこない。

・非公開サーバー立ち上げ手順
(1)独自サーバー名をつけ、一時的に公開設定(public=true)にして立ち上げ

(2)公式のサーバー一覧ページからCtrl+fで自分のサーバー名を検索
URLをコピーしたら即サーバー終了

(3)public=trueをpublic=falseに書き換えサーバー起動

(4)入室して欲しい人に2でコピーしたURLを教える


拍手[6回]

Twitterでつぶやく  Trackback (0) | ▲TOP

PR

≪ 新しい記事古い記事 ≫

Granppoanes  2011.05.14 Saturday
こんばんわ
いろんなゲームをやってるんですね
なんか面白そうだけどやりたいけど

作るより壊すほうが楽しそうだ
ダメだなこりゃ
ueda  2011.05.15 Sunday
こんばんは。
すぐにプレイできるお手軽ゲームなのでこういった方面に興味があればお勧めです。

完成された世界のセーブデータを公開しているサイトもあるのでそれを読み込めば壊し放題だと思われます。
rinia01  2012.06.02 Saturday
おれMinecraftで遊ぼう:無料マルチサーバWindows版のここからって言うのが開けない。
どうしたらいい?
もちえゐと  2012.11.13 Tuesday
海外の人もよく日本のサーバに来るけど
最近はサーバ名のあとにjpとかつけると
日本の人がよくくるよ

Trackback

Trackback URL:

 
ニコッとタウン 現在の部屋

プロフィール

書いてる人
ueda
自己紹介
蕎麦は普通に好き。

ブログ内検索

解析