忍者ブログ

≪ 新しい記事古い記事 ≫

一ヶ月半経過後のドフス

ブロップダンジョンは美しいなぁ

9月27日に正式サービスを開始したドフス。
約一ヶ月半経過したわけですが
その間に変わった事は…

・低レベル帯人気装備の相場が下がる(まぁ低レベル帯しかいなかった頃需要に供給が追いつかず高騰した相場が落ち着いただけなんですけどね)
・逆に生産レベル上げ用素材の相場が上がる
・ギルドが増えギルド所属の人も増える
・PT募集が減る 特に低レベル帯はほとんど無くなる(今はLv70以上が多い?)
・正式にMac対応
・ゲーム内の誤字・未翻訳部分などが修正される
・PTメンバーが戦闘に入った時通知がくるようになる(※個人的にこれが一番嬉しい)
レベル順ランキングが実装される(掲載拒否不可のため高レベル帯の人は名前・レベル・ギルド強制公開)

と、こんな感じ。

ログインしてしばらく自分が入れそうなレベルのダンジョン募集がくるまで待機し、結局一度も入れないままログアウト…という場面が結構ある。
みんなギルド内でPT組むようになったせいかもしれない(ランキングを見ても高レベル帯の人はほぼ全員ギルド所属)
大抵の場合8人でPT組むので募集の数も少ないですしね(単純に考えると最大4人PTのネトゲの1/2の頻度でしょう)
なんかこれ、FEZの戦争空き待ち思い出します。
まぁソロでも出来る事が多い分FEZよりずっと良いんですが。
淡々とモンスターを叩いてレベルを上げる以外にもやることが色々用意されているのがこのゲームのいい所。
そのレベル上げも特にレベルを上げよう!と意識しなくても装備を求めて野良PTに混じったりドップル対戦巡り(1日に1度)をしている内に自然にレベルが上がってる感覚が精神的によろしい。


でもやっぱり全体チャットかゲーム内PT募集掲示板のようなものは欲しい。
PT募集チャットは全世界に届かないためほぼアストルゥーブの街で行われる傾向があり、PTに入りたい人は常にアストルゥーブを拠点にしないといけない。
こちらとしては低レベル帯の人以外使いづらい上人が多くて重いアストルゥーブからそろそろ離れたい所なんですが…。



おまけ。
SRPGではお馴染み、戦闘開始前にユニットを配置できるマスを示す色(赤が味方、青が敵)。









開発者遊びすぎ。

こーいう本編と関係ない小ネタが好きな人にもお勧めなネトゲ。

結構「説明不足なため自分から調べない人には向かないから人を選ぶ」という声を聞くゲームだけど、それは日本の攻略サイトが充実してなかった初期の頃の話で今はよくある質問を中心にWikiを見れば大体は解決すると思う。
個人的には一度覚えてしまえば言われてるほど難しくもなく、実質的にはマビノギあたりと難易度は変わらないという印象。

拍手[1回]

Twitterでつぶやく  Trackback (0) | ▲TOP

PR

≪ 新しい記事古い記事 ≫

Trackback

Trackback URL:

 
ニコッとタウン 現在の部屋

プロフィール

書いてる人
ueda
自己紹介
蕎麦は普通に好き。

ブログ内検索

解析