忍者ブログ

≪ 新しい記事古い記事 ≫

ドフス 正式サービス版

ドフス、単にCGが好みだというだけでゲーム内容を調べないでプレイし始めたので意外と面白くてびっくり。
ある程度頭を使わないといけないのでちゃんとゲームしてるって気分になれますね。

野良パーティの募集に気軽に入りやすい雰囲気があるため日々どこかのパーティに混じって遊んでます。
うーん 久々にネトゲをちゃんとネトゲらしくプレイしてる気がする…。他のネトゲだと野良パーティの募集自体少ないし、募集があって入れたとしても気まずい雰囲気が漂っててゲームを楽しむどころじゃなかったりするので入りづらいんですよね。
(聞いてもいないのにステータスの振り方に文句つけられてうんざりして「もう一生知り合いと遊ぶかソロでいいや…」と思った事もありました。パンヤなんかのパンヤを打つたびいちいち定型文を打たないといけないルールも苦手)


クエストは報酬があまり手間に見合ってないので大抵の人はダンジョンに潜るかフィールドで狩りをし、レベル上げやセット装備を集めをする事になる訳ですが、


ダンジョンの構成は「何もない部屋にぽつんといるモンスターシンボルをクリックして戦う→倒したら次の階に自動的に移動→(※左二つの繰り返し)→最後の部屋へ辿り着きボスを倒したらクリア」で単調。(もっと高レベル帯になると仕掛けがあるのかもしれないけど)
多分「ダンジョンを潜る」と言うより「固定モンスターと連戦する」と言ったほうが近いと思います。

クリアまでに平気で2~3時間もかかる事があるので忙しい人には向いてないです。時間がない時はいつでも抜けられるフィールド狩りの方に参加するしかないですね。
ターン待ち時間が長いので会話の多いパーティだと楽しい。
アイテム集めならパーティの方がいいですがレベル上げならソロでもできます。ただ火力の低いクラスは辛いかもしれない。

装備は「セット装備」を揃えると高いステータス補正がつくので大体の人はセット品を揃えた状態で装備してます。

特定のモンスターを倒し続けてそのモンスターをモチーフにした装備を入手するというシステムはモンスターハンターに近いかも。
面白いデザインのものが多いですが、元のキャラクターの外観が装備に隠れてあまり見えなくなってしまうのは残念?


生産や販売システムもしっかりしてる感じ。
MoEのようにアイテムのNPC販売はほとんどなく、手にいれたアイテムをNPCに売っても安いため経済はほぼPC間の取引だけでなりたってます。
モンスタードロップアイテムのほぼ全てが生産の材料として使えるというのもMoEと同じですね。買取り露店がないのは残念。

アイテムの販売方法は商人モードとマーケットの二種類。
そのメリットとデメリットを書いてみると…

■商人モード
フィールド上の商人状態のキャラクターを1人づつクリックして購入する、他のネトゲでいう「露店」。

○ログアウト中にアイテムを販売する
○露店を出す時にかかる手数料が安い(1~10カマぐらい)
○フィールド上の色んな場所に露店を出せる(ただし一部出せないエリアもあり)
○置けるアイテムの種類は40種ぐらいまで。個数制限はなく好きな数だけ販売でき、買う側も好きな数だけ買える。
×ログイン中に販売できない(露店はアカウント共有なため、自分のアカウントにログインすると使うキャラに関わらず露店が閉まる)
×露店の置ける数に制限があるため街中など人通りの多い場所にはなかなか置けない。
×露店にタイトルををつけられないため買う側は闇雲に大量の露店をクリックしていくしかなく、目的のものを探しにくい。
×上記二つの理由でマーケットの方が売れやすい。マーケットと同じぐらいの価格にしたのに1日経過してログインしたら1個も売れてなかったという事が結構ある。(運良く人通りの多いエリアに置けたらもっと売れるんでしょうけどね)

■マーケット
NPCショップの委託販売。
買いたいアイテムを扱う店に行きNPCをクリックし購入。販売しているPCの名前は表示されない。

○ログイン中もログアウト中もアイテムを販売できる
○目的のアイテムが楽に探せるし、その時点で一番安い価格のアイテムだけ表示されるため安く買いやすい。
○沢山の人に見てもらえるので価格が安いアイテムや供給の少ないアイテムはすぐ売れる。
×売ることのできるアイテムは1、10、100個単位のみ。買う時も同じ単位で買う(例えば100個単位で売られているアイテムを50個だけ買うという事はできない)
その1、10、100個の塊のアイテムが1つの店におけるのは最大5個まで。
×売る金額に応じて結構高めの手数料がかかる。この手数料は例えアイテムが売れなくても払わないといけない。
更に一番安い価格のアイテムしか表示されない仕様のため「確実に売れると思われるアイテムをあまり高すぎない価格で」じゃないと売りづらい。
供給の多いアイテムは捨て値じゃないと売れなかったりする。
×指輪なら宝石細工店、靴だったら靴屋じゃないと売れないので沢山の店を歩き回るのが面倒。
×一番プレイヤー数の多い街のマーケットはレベルの低いアイテムしか置けない。(そのため今の所初心者向け以外の装備は露店で売買している。そのうちレベルの高いアイテムも置ける別な街の方にプレイヤーが移動するかも)

どちらもちゃんと同じぐらいメリットとデメリットがあるのでどちらかに偏ることなく両立してる感じ。
どちらにしろパソコンの電源を切った状態でアイテムを売れるのは嬉しい。なんか自分がNPCになったような気分。

銀行は同じアカウントで共有なため別キャラとの金銭・アイテムのやりとりが非常に楽。(利用する時少しお金はかかりますが)
MoEの露店や銀行もこういうシステムだったらなぁ…。



6年間運営してきた実績のあるネトゲだけにコンテンツ不足はなさそうだし
RMTやBOTなど不正対策もしっかりしているので
残る問題は課金アイテムのバランスですかね…。
装備グラフィックが頭や背中にしか反映されないアバターが売れなさそうなネトゲなので、利益を出すにはゲームバランスを破壊しゲームをつまらなくするアイテムを販売するしかなくなりそうで心配。
海外では月額課金制だったのでアイテム課金制を考えて作られてないシステムですし。

久々に個人的ヒットでFlashじゃなかったら絶賛してたかもしれないレベル。
こういうネトゲを参考に非Flashで新しいネトゲ出ないかなぁ。

拍手[1回]

Twitterでつぶやく  Trackback (0) | ▲TOP

PR

≪ 新しい記事古い記事 ≫

Trackback

Trackback URL:

 
ニコッとタウン 現在の部屋

プロフィール

書いてる人
ueda
自己紹介
蕎麦は普通に好き。

ブログ内検索

解析