忍者ブログ

≪ 新しい記事古い記事 ≫

ドフス ~生産編~

ドフスの生産の話。

このゲームの生産はゲーム中では「職業」と呼ばれ、戦闘とは別枠扱いです。
MoEのように「生産にスキルを振ると戦闘方面にスキルを振る余裕がなくなりまともに戦えなくなってしまう」…という事はなく
1つのキャラで何も問題もなく戦闘と生産を両立できます。
ふつーにガチ戦闘キャラ作っておいて気がむいたらそのキャラで生産するという事もできる訳ですね。

ただし覚えられる職業は1キャラにつき3つまで
2つ目、3つ目の職業は現在就いている職業が全てレベル30以上になっていないと就けません。
(まぁ銀行から別キャラに簡単にアイテム渡せるネトゲなので別キャラ作って職業覚えさせればいい話なんですが)


ではどんな職業があるのか見ていきましょう。
(詳しく知りたい人は公式サイトをどうぞ)

■収集職業
農夫 漁師 坑夫 木こり 錬金術師 猟師

ネトゲの生産の定番所が揃ってる感じ。
猟師は珍しいかも?普通のネトゲでは戦闘でモンスターを倒す事が実質猟師の代わりになってますよね。
ちなみに錬金術師は1つの職業で「薬草採集」と「薬調合」の2つを兼ねているため収集職扱いされています。

■制作職業
斧鍛冶師 弓職人 ダガー鍛冶師 ハンマー鍛冶師 盾鍛冶師 シャベル鍛冶師 ロッド職人 剣鍛冶師 ステッキ職人
パン屋 肉屋 魚屋 よろず屋 宝石細工師 靴職人 仕立て屋

か、鍛冶師細分化しすぎだろ…

と、誰もがついツッコミたくなると思われるラインナップ。
いや確かにRPGに武器や防具が重要なのはわかりますが、せめて「武器」「盾」「鎧」の3種ぐらいに抑えておくとか、その…。特に剣が剣とダガーで分かれてる所や杖がロッドとステッキで分かれている所やシャベルとかいうマニアックな武器を専門に作ってるあたりは見ててクラクラしますね!
おかげで街が鍛冶屋の店舗で埋まる。その分街も広くなる。店を探し歩き回る労力も増える。

食べ物系はパン屋・肉屋・魚屋に分かれていてその3種にあてはまらない料理は作れないみたいです。残念。
仕立て屋は他のネトゲでいう「裁縫」でマントや帽子やリュックサックを担当。ダンジョン報酬の「仕立て屋の書」がないとなれませんが結構安く露店で出回ってるのでそんなに問題なし。
靴屋は靴とベルト、宝石細工師はアクセサリー担当。
よろず屋はダンジョンの鍵など色んな物を作るそうです。


最初に辿り着く世界インカルナムでは「木こり」「錬金術師」「農夫」「漁師」の4つの中から好きな1つ目の職業に就けます。
(「坑夫」「猟師」が入ってないのは上級者向けなためらしい)
MoEで農夫やってた流れで何の迷いもなく「農夫」を選択。
収穫・料理系の生産って見た目おいしそうなのでつい一番最初に選択しがちなんですよね…。
それと別キャラで試しに靴屋もとってみたので合わせて紹介。


■農夫+パン屋(両方Lv30以上まで体験)
多分ドフスの生産の中ではかなり楽な部類に入ると思います。
初心者にオススメ。

まずは麦を刈る。
農夫婆さん
MoEとかと違って一回クリックするだけで収穫だけでなく刈り取ったものをカバンに入れるまでの作業もやってくれますがまぁ単調なクリックゲーなのは同じですね。
ウィンドウを小さくし動画でも見ながらテキトーにやるのが良いと思います
レベルが上がると一回の収穫で取れる麦の量が増えるみたいです。

戦う婆さん
収穫してると時々強制的にカカシと戦闘になります。
(なんで本来農夫の味方であるはずのカカシが敵なのかはつっこんではいけない)
多分BOT対策なんだと思いますがまぁ弱いし倒すと麦を沢山落としてくれるのでそこまでウザくはないかな?
しかしどのネトゲも生産と戦闘絡めるの好きだなぁ…。

農夫レベル10になるとAの麦、20になるとBの麦が刈れるようになる…とレベルアップによる変化が単純にレベル10ごとに1つ増えるだけと機械的。このやる気のないゲームデザインは残念。
(もっとバラけさせてアナログっぽくした方が好み。飽きにくくなるし。農夫の作業所が街中でなく畑が広がってる郊外の真ん中にポツンと配置されてる所なんかは「わかってるなぁ」と思うんだけど…)
畑が混んでる時空いてる畑を探しに旅に出るのは結構楽しい。

麦を刈ったら農夫の作業場に行き麦を粉にする。
粉を挽いてみる
数と粉の種類指定して放置するだけ、と楽。
収穫だけでなくこの作業でも農夫に経験値が入ります。

あとはこの粉を使ってパン屋の作業所でパンを焼く。

こちらも粉作業と同じく放置するだけ。
この画像では結構焼くのに失敗してますがもっとパン屋レベルが上がると失敗しなくなります。
材料集めだけじゃなく料理する作業も面倒だったMoEに較べると随分楽だなぁ…。
材料にNPC販売の水やイースト粉を使いますがかなり安いので赤字にはなりづらいはず。

農夫Lv30になるまでにたまった粉をパンにしたらあっという間にパン屋レベルも30になりました。楽だ…。
ちなみに農夫レベルが上がると作れる粉の種類、パン屋レベルが上がると作れるパンの種類が増えます。
見た目も名前もなかなかおいしそうなパンが多いです。

作ったパンは戦闘中以外においてのHP回復に使うためPC需要が高いです。
パン屋PCの数が多いので供給過多気味になってますが、それでも少しは儲かるはず。
ログアウト中にアイテムを売れるネトゲなのでパンを売る作業もMoEよりずっと楽。
つまり面倒な作業は実質収穫だけなのでそれが苦痛じゃない人なら良い職業かもしれません。


それにしてもこうやって他のネトゲの生産やってるとMoEのダメな点がよくわかるなぁ…。MoEの生産にもいい所は沢山あるんですがダメな部分がその足をひっぱってる感じ。


■靴屋(Lv25まで体験)
靴やベルトを作る職人。

ひたすら

エカフリップの「吉凶」で狩り
ピウィなどの弱いモンスターを大量に狩って…
こちらも数指定して放置するだけ
その素材で靴を作り続ける…

それだけ。
(木や鉱石をつかうアイテムでレベル上げをするならこれに採掘や伐採を追加)


…Lv59ぐらいまで淡々とこれの繰り返しのようです。多分仕立て屋も似たような感じ。
全体攻撃のできるクラスだと作業が楽になります。
でも飽きる。
たまに気分転換にやるといいのかもしれません。
大変なのは材料集めだけで、製作作業自体は楽なので素材さえ買い取ればすぐに上げられますが、その分膨大な資金が必要になってきます。



少しでも黒字を出そうとして試しに色んな靴やベルトを作ってみましたが…

まぁ
露店を埋めてみた
見ての通り
マーケットを埋めてみた
あまり売れませんね。
素材を他のPCから買って作ると赤字です。
(生産のレベル上げに使う素材は結構相場高め)

ドフスサービス開始直後に較べて低レベル帯装備の需要が下がって相場も下がってきてますしね。
でも毎回ランダムで能力値の違う装備が作られるので作る作業自体は楽しい。


ドフスの武器や防具はPCによる生産じゃないと作れないものが多いので生産の需要は高く、生産受注依頼チャットも頻繁に見られるんですが
需要のある武器防具を作るにはかなり職業レベルを上げないといけない、そこまで上げるのがかなり大変なので現状高レベル職人は「数人のプレイヤーだけ」の存在になっています。
もっと時間が経てば状況変わってくるかも?どうだろうなぁ…。
私個人の意見を書くと「靴屋の修行をしている感覚がなくて残念」ですかね。

それにしてもMoEもドフスも生産方面においては大差ない気が。結局どこのネトゲの生産も単調な「アイテム集め繰り返しゲー」になってしまってるのは残念だなぁ…。
ネトゲの生産という概念自体は好きなんですが、その作業が面白いものが皆無なため結局戦闘の方をやってしまいがちな傾向があります。

拍手[1回]

Twitterでつぶやく  Trackback (0) | ▲TOP

PR

≪ 新しい記事古い記事 ≫

ルナティ URL 2011.03.04 Friday
突然のメール失礼します。
私は、DOFUS Adventure Record というサイトの管理人、ルナティと申します。
まったりのんびりプレイ♪で、一緒に遊んでくれる人随時募集しています!
ところで、うちと相互リンクをして頂けないでしょうか?
以下に貴サイトを掲載させて頂きました。
http://www.blade-with-s.com/link.html
タイトル DOFUS Adventure Record
リンク先 http://www.blade-with-s.com/
紹介文 オンラインゲーム「ドフス」で遊んだ記録。スクリーンショットや日記をつらつらと書き綴っています。
最後まで目を通していただき、ありがとうございます。
よろしくご検討のほどお願い致します。
---------------------------------------------------------------
■DOFUS Adventure Record http://www.blade-with-s.com/
■管理人:ルナティ
■e-mail chaco@webemyth.com
---------------------------------------------------------------
ueda  2011.03.05 Saturday
はじめまして、こんにちは。
このサイトはそもそもリンク集自体ないので相互リンクもできません。
ご了承ください。

Trackback

Trackback URL:

 
ニコッとタウン 現在の部屋

プロフィール

書いてる人
ueda
自己紹介
蕎麦は普通に好き。

ブログ内検索

解析