忍者ブログ

≪ 新しい記事古い記事 ≫

ふと

最近ネトゲ関連サイト見てて思うのは
日々淡々とゲーム内でレベル上がったとかレアアイテム出たとか書き連ねていくプレイ日記サイトや攻略サイトは沢山あっても
「読み物として面白いものを意識した」サイトってなかなか無いなー ということ。
面白いプレイ方法やRPをしながらプレイした話とかじっくり読ませるレビューとか漫画とかそういうの。

該当するのはLa Mirageさんとか、長年運営されているようなサイトぐらいしか思いつきません。

要するに、
流行ってないんだろうなぁ。


もしかすると、今ネトゲで「面白いコンテンツ」を作りたい人はみんなニコニコ動画に行く流れになっているのかも。
ニコニコならネトゲの面白いプレイ方法を模索して楽しませる動画とか、一つの作品としてきちんとまとまっているネトゲMAD動画とかネトゲ実況動画とか色々あります。

どうしてこうなったか、というと
「面白いものを見たい」沢山の人が集まっていて見てもらいやすいから。

サーチエンジンやリンク集に登録されているサイトを一つ一つ開いて確認していくと「面白いもの」に辿り着くまで膨大な時間と手間がかかる。
そうなるとランキングやタグ検索機能があり、
ランキングページや好きなワードで検索した後1クリックするだけで作品が見れてしまう便利なニコニコやPixivの方に人が集まる。
(ランキングやタグ検索はサーチエンジンにもあるけど精度はいまいちなものが多い。偽造投票ボタン設置してランキング一位になったり、タグに書かれていたものがサイト上に存在していなかったり。「作品の置いてあるサイト」と独立してる限り限界があるんだろうなぁ)
サイトじゃなく作品ごとにブックマークできるのもいいんだろうな。

人間便利なほうがいいしねやっぱ。


要するに自分のサイトでいくら頑張って面白いコンテンツ作ってもアクセス数やコメントが増えづらいからニコニコに行くしか選択肢がない?
頑張って面白いコンテンツ作ってもアクセス数もコメントも増えづらいから自分のサイトは自然と「自分のために存在する自宅みたいな場所」となっていったのかな?
…と
そんな事を思いました。


「自分と知り合い向けの淡々とした日々の記録」→ブログやTwitter
「他人を楽しませるために作った面白いコンテンツ」→ニコニコ
「攻略とか便利な情報まとめ」→Wikiなど
↑ だいたいこんな感じ。

(個人的に動画は自分のペースで見れないのがネックでニコニコはたまにしか見てないんだけども)


これはネトゲに限った事ではないのかもしれない。

拍手[0回]

Twitterでつぶやく  Trackback (0) | ▲TOP

PR

≪ 新しい記事古い記事 ≫

Trackback

Trackback URL:

 
ニコッとタウン 現在の部屋

プロフィール

書いてる人
ueda
自己紹介
蕎麦は普通に好き。

ブログ内検索

解析